テーマ別

トップページ>魚図鑑>>イトマキフグ (糸巻河豚)

イトマキフグ (糸巻河豚)

この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類フグ目イトマキフグ科イトマキフグ属
別名カワゴフグ、ハコフグなど
英名Basketfish
由来横から見た時の六角形の体形が裁縫で使う「糸巻き」に似ていることから由来する。

分布

関東地方以南の太平洋側

似ている魚との見分け方

ハコフグに似ているが、ハコフグとは違い本種は尾鰭にまで骨質板があるため見分けることができる。

毒や危険性について

皮膚にオストラキトキシンという粘液毒があるため、素手で触った後はよく手を洗うこと。

筋肉や内臓は無毒とされているが、本種は観賞用がメインで食用とされることはない。

食性

肉食性で小魚や甲殻類、貝類などの軟体動物、多毛類など捕食する。

食味

捌き方本種は小型で美しい模様から観賞用とされており食用にされることは無い。
料理

釣りについて

釣り方

サビキ釣り

イトマキフグは水深100~200mの比較的深い海で、砂底の環境に単独で生息している。そのため、漁港や防波堤などから釣れることはほぼ無いといえるが、稀に黒潮に乗って流された個体が沿岸域で釣れることがある。

本種は大きくても10cmほどで、口が非常に小さいため小さな鈎に小さくした餌を使うと良い。

フグは歯が鋭く仕掛けを切られる事が多々あるため、予備の仕掛けを複数準備しておくことをおすすめする。
釣れる時期
タックル※本種は狙って釣れる魚ではないため、ここでは稀に外道で釣れる可能性があるサビキ釣りを紹介する。

サビキ釣り

磯竿を使い本格的に狙うこともでき、エギングタックルやシーバスタックルを転用しても良い。サビキ仕掛けに耐えられる強度があればタックルどのようなものでも使える。

ロッドは磯竿の3号程度のものや8~9フィート程度のエギングロッド、シーバスロッド、リールは中型スピニングリール、ラインはナイロンやフロロの3~5号程度のもの、ウキは7~10号程度の浮力のものが使いやすい。

これを読めば初心者でも釣れる! 手軽さNo.1の「サビキ釣り」の基本まとめ
ルアー・餌オキアミ、コマセなど。

コメント欄(Facebook)

公式チャンネル

  • ツリバカメラ
  • ハピソン
  • メジャークラフト