テーマ別

トップページ>魚図鑑>>イトヒキアジ (糸引鯵)

イトヒキアジ (糸引鯵)

この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類スズキ目アジ科イトヒキアジ属
別名エバ、イトヒキ、ギンアジ、カガミウオなど
英名African pompano
由来幼魚や若魚の背鰭、臀鰭の端が糸状に伸長しており、その様子が「糸を引いて泳いでいる」様に見えることからきており、「アジ」の語源は「味」で、その食味の良さを褒められる意味で名付けられたと言われている。

分布

日本各地(琉球列島など温暖な海域に多い)

似ている魚との見分け方

ウマズラアジに似るが、ウマズラアジの額(おでこ)部分は大きく突き出ており、本種はそうでないことから見分けることができる。

毒や危険性について

特になし。

食性

肉食性で小魚や甲殻類などを捕食する。

食味

捌き方
※ここでは形状の似ているシマアジの捌き方を紹介する。
  1. 頭を落として内臓を取り除く。
  2. 3枚おろしにして捌く。

小型のものは三枚おろしにせずに調理すると良い。
料理刺身・カルパッチョ(大型のもの)、フライ、ムニエル、塩焼きなど。

釣ったら作ろう! 白身魚料理の定番「ムニエル」の作り方
魚の「揚げ物」料理をふっくら美味しく仕上げる5つのコツ

釣りについて

釣り方

ショアジギング

幼魚や若魚は表層付近、成魚は中~低層付近に生息しており温暖な海域に多い。大きなものは1mを超える大型魚であり、魚食性が強くルアーへの反応が良いためルアー釣りでの人気ターゲットの一つである。

しかし、それほど多く釣れる魚ではなくルアー釣りの嬉しい外道となっている。

大きなものがヒットする可能性があるため、シーバスタックル以上の強度あるタックルで臨もう。

ショアジギングで釣果を伸ばす「ジグ操作の基本とコツ」
これでショアジギングの釣果アップ! ヒロセマン直伝メタルジグ操作法
初心者でもジグを遠投できる「ペンデュラムキャスト」のやり方
釣れる時期琉球列島では年中釣れるが、それ以外の地域では水温の上がる6~9月が釣りやすい。
タックル

ショアジギング

イトヒキアジが生息する環境では、様々な大型魚が生息しているのでシーバスタックル以上の強度あるタックルで臨もう。

ロッドは10フィート前後のショアジギング用かライトショアジギング用、リールはシマノ番4000~8000番前後、ダイワ3500~5000番前後、ラインはPE1.5~4号程度、リーダーは20~60ポンド程度のフロロカーボンが使いやすい。(ジグだけでなくプラグも使用可能)

初心者におすすめ! 1〜2万円で購入できるショアジギング用ロッド5選
初心者脱却に! 中級者におすすめのショアジギングロッド・リールまとめ
ルアー・餌ポッパー、メタルジグ、フローティングミノ―、シンキングペンシルなど。

魚の大きさに合わせてルアーのサイズも変えよう。

ショアジギング用メタルジグの種類と、オススメ5選

コメント欄(Facebook)

公式チャンネル

  • ハピソン
  • メジャークラフト
フィッシュソープの公式サイトのバナー