テーマ別

トップページ>魚図鑑>>イシガキダイ (石垣鯛)

イシガキダイ (石垣鯛)

写真提供 : タニヤン 様
写真提供 : タニヤン 様
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類スズキ目イシダイ科イシダイ属
別名クチジロ、ゴマダイ、コメカミ、トウロウ、トウモリなど
英名Spotted parrotfush
由来「イシガキ」は若魚の体表の模様が「石垣」を思わせることから、「タ」は魚体が平であること、「イ」は魚類を示す魚(うお、いお)から由来すると言われている。

分布

日本全域

似ている魚との見分け方

イシダイと似るが、似ているのは形状のみであり、本種は体表の白と黒のまだら模様があることから容易に見分けることができる。

毒や危険性について

大型になるとシガテラ毒を持つ固体も稀に存在すると言われている。

シガテラ毒は神経毒で、フグの毒の数十倍強いと言われており、中毒症状は下痢、嘔吐、筋肉痙攣、血圧低下、ドライアイスセンセーションなどが挙げられる。

このような症状が発症したら至急病院に急行し、専門の治療を受けること。

食性

肉食性で甲殻類や棘皮動物、多毛類などを捕食する。

食味

捌き方※ここでは形状の似ているイシダイの捌き方を紹介する。
  1. 鱗を取る。
  2. 頭を落として内臓を取り除く。
  3. 3枚おろしにして捌く。

鱗は細かく体表はヌメリがあるため捌く際はケガをしないように注意しよう。
料理刺身、煮付け、潮汁、鍋物など。

釣りについて

釣り方

遠投釣り

水深が浅いエリアで多い釣り方である。

足元を探るだけではなく、遠投ができることで広く探れる利点がある。エサを着底させるのが基本のため、根がかりに注意が必要だ。

宙釣り

イシガキダイは水深50mほどの潮通しの良い岩礁域や磯場に生息している。強烈な引きと独特の釣法から磯釣りの人気ターゲットだ。

撒き餌を撒いてイシガキダイを寄せて、付け餌をボトム付近で「宙を漂う」ように調整して流そう。

早アワセは禁物で、時間をかけて餌を食わせてから強くアワセを入れる。
釣れる時期高水温だと活性が上がるため、4~10月が良い。
タックル

遠投釣り

専用タックルが良い。強めの磯竿でも釣ることができる。

竿は専用竿の5m前後、リールは大型両軸リール、道糸はナイロン20号前後、PEだと15号前後が使いやすい。

障害物の多い場所がメインフィールドとなるため、ある程度強引にやり取りできるタックルが望ましい。

宙釣り

専用タックルを用意することを推奨する。

ロッドは石鯛専用竿の5m前後のもの、リールは大型の両軸リール、道糸はナイロンかフロロの20号前後のもの、鈎はイシダイバリ15号前後のものが使いやすい。

ハリスなどにはワイヤを使うのが普通で30~40号前後のものを使うと良い。
ルアー・餌サザエ、ウニ、ウニガラ、トコブシ、カニ、ヤドカリ、ハマグリ、赤貝など。

コメント欄(Facebook)

公式チャンネル

  • ツリバカメラ
  • ハピソン
  • メジャークラフト