トップページ>魚図鑑>アミモンガラ (網紋殻)

アミモンガラ (網紋殻)

外観・内観写真

写真提供 : 泉川 様
写真提供 : 泉川 様
写真提供 : 泉川 様
写真提供 : 泉川 様
前へ 前へ
次へ 次へ

概要

分類 フグ目モンガラカワハギ科アミモンガラ属
別名 カワハギ、サメハダモンガラ、モンガラなど
英名 Rough triggerfisf
由来 「アミ」は体表の模様が「網目模様」み見えることから由来する。

分布

北海道南部以南~琉球諸島

似ている魚との見分け方

似ている魚はおらず、体表の毒々しい網目模様が特徴である。

毒や危険性について

大型になるとシガテラ毒を持つ固体も稀に存在すると言われている。

シガテラ毒は神経毒で、フグの毒の数十倍強いと言われており、中毒症状は下痢、嘔吐、筋肉痙攣、血圧低下、ドライアイスセンセーションなどが挙げられる。

このような症状が発症したら至急病院に急行し、専門の治療を受けること。

食性

肉食性で小魚や甲殻類などを捕食する。

食味

捌き方 ※ここでは形状の似ているウマヅラハギの捌き方を紹介する。
  1. 口先、角を取り皮を剥ぐ。
  2. 頭を落として内臓を取り除く。
  3. 3枚おろしにして捌く。

皮がカワハギ等に比べて剥ぎにくいので丁寧に処理をしよう。
料理 煮つけ、塩焼きなど。

食味は良いものではなく好んで食べられる魚ではない。

釣りについて

釣り方

サビキ釣り

アミモンガラは沖合のサンゴ礁帯や岩礁域に生息しており、定置網漁などで漁獲される。狙って釣る人は少なく、サビキ釣りなどで外道としてごく稀に釣れる。

サビキ仕掛けのコマセカゴの中にコマセを詰めた後、真下の海中に落とす。寄せ集めるために竿を上下にあおり、コマセをコマセカゴから散乱させると良い。

口が小さいため鈎は小さなものを使うと良い。また、仕掛けをよく切られるので予備の仕掛けは多めに持って行こう。
釣れる時期
タックル

サビキ釣り

万能竿やルアーロッドなど幅広い竿で楽しめる。

竿は2~3m程度の小物用スピニングロッド、リールは小型スピニングリール、道糸はナイロン2~2.5号程度が使いやすい。

サビキ仕掛けはどこの店舗でも多様な種類を購入することができるため、自分のタックルに合った仕掛けを揃えよう。2~3セットあれば釣り場でトラブルがあっても困らないだろう。
ルアー・餌 オキアミ、コマセなど。

公式チャンネル