テーマ別

トップページ>魚図鑑>>アマミフエフキ (奄美笛吹)

アマミフエフキ (奄美笛吹)

写真提供 : タニヤン 様
写真提供 : タニヤン 様
写真提供 : タニヤン 様
写真提供 : タニヤン 様
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類スズキ目フエフキダイ科フエフキダイ属
別名フエフキ、ヤキー、ヤキータマンなど
英名
由来「アマミ」は「奄美地方」に生息することから、「フエフキ」は頭部口の形が「笛を吹いている」様に似ていることから由来する。

分布

九州南部以南~琉球諸島

似ている魚との見分け方

ハマフエフキに似ているが、本種は各鰭が赤みを帯びているのに対し、ハマフエフキはそうではないことから見分けることができる。また、本種は口の中が赤い色をしていることからも判別できる。

毒や危険性について

毒はないが、鰭の棘が非常に鋭いため注意が必要である。

食性

肉食性で小魚や甲殻類などを捕食する。

食味

捌き方※ここでは形状の似ているハマフエフキの捌き方を紹介する。
  1. 鱗を取る。
  2. 頭を落として内臓を取り除く。
  3. 3枚おろしにして捌く。

鱗が大きいため、しっかりと丁寧に落とすこと。3枚におろしてから用途に応じて皮引き等を行う。

もう失敗しない! 「魚の皮引き」を綺麗に仕上げるコツ
料理刺身、カルパッチョ、ムニエル、塩焼き、潮汁、煮付けなど。

釣ったら作ろう! 白身魚料理の定番「ムニエル」の作り方

釣りについて

釣り方

流し釣り

生息数は沖縄地方が圧倒的に多く、ハマフエフキと並ぶ人気のターゲットだ。

アマミフエフキは船で沖合から狙うことが多いため、流し釣りという釣法について紹介する。

流し釣りとは、水深20~100mの場所で船をシーアンカーなどを利用して潮に乗せながら広範囲を探る釣り方である。餌は常にボトムより2mほど上を漂うように調整する必要があり、根掛かりに十分注意したい。

仕掛けや餌によってはロウニンアジやカンパチなどの大型回遊魚が釣れることもあるため気は抜けない。
釣れる時期年中狙えるが、5月~9月に大型を狙いやすい。
タックル

流し釣り

大型のものが釣れることが珍しくないため専用のタックルで臨むことを推奨する。

ロッドは2m前後のオモリ負荷60~120号のもの、リールは中型~大型電動リール、道糸はPE4~6号程度のもの、ハリスはフロロ10号前後のものを使うと良い。

鈎はチヌバリの10号程度のものに、オモリはその日の状況に合わせて80号前後のものを使おう。

根掛かりが比較的多い釣りなので予備の仕掛けを多く用意しておこう。
ルアー・餌イカの短冊、サンマ、ムロアジの切り身、イカナゴなど。

コメント欄(Facebook)

公式チャンネル

  • ツリバカメラ
  • ハピソン
  • メジャークラフト