テーマ別

トップページ>魚図鑑>>コブダイ (瘤鯛)

コブダイ (瘤鯛)

写真提供 : 局田有 様
写真提供 : 局田有 様
写真提供 : 局田有 様
写真提供 : 局田有 様
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類スズキ目ベラ科コブダイ属
別名カンダイ、カンノダイ、イラ、コブ、コベダイ、モブシなど
英名Bulgyhead wrasse
由来成長し大きくなるのに伴い、頭部眼の上の部分と下顎先の部分がふくれてコブのようになることから「コブダイ(瘤鯛)」となり、「ダイ(鯛)」の「タ」は魚体が平であること、「イ」は魚類を示す魚(うお、いお)から由来すると言われている。

分布

本州以南の太平洋側、佐渡島以南の日本海側

似ている魚との見分け方

成魚の状態で似た魚はいないが、幼魚の体型はベラと似ており体色はオレンジから赤紫色である。各ヒレは黒色で、体側に白い線が入る特徴から他のベラ類と見分けることができる。

成長するにつれ白線が消滅し、ヒレの色と共に赤褐色の体色となる。

毒や危険性について

毒性はないが、顎には貝の殻を簡単に砕くほどの強い力と大きな歯があるため、口内に手を入れないように注意が必要である。

食性

肉食性でサザエやカキ等の貝類を好む。他に甲殻類や虫エサ、アジ等の魚を捕食する事がある。

食味

捌き方
  1. ウロコを剥がす。
  2. 3枚おろしで捌く

ウロコと骨が硬いので注意して捌こう。
料理刺身、煮付け、ムニエルなど。

刺身や寿司がより美味しく!「寿司屋の醤油」の作り方
これで失敗知らず! 手軽な「煮魚」の作り方 >
釣ったら作ろう! 白身魚料理の定番「ムニエル」の作り方

釣りについて

釣り方

磯釣り

磯でのコブダイ釣りでは、イシダイ釣りと同様に頑強なタックルと仕掛けを用いる。

釣り方も同様に、地形や潮流を読みながら狙いのポイントに仕掛けを投入する。エサを着底させるのが基本のため、根がかりに注意が必要だ。

かぶせ釣り

瀬戸内エリアで主流の釣り方で、カキの殻を割ってハリを埋め込み足元に投入する。

餌が落ちている最中や、着底してすぐにアタリがあるため気を抜かないように注意しよう。

また、砕いたカキをコマセにして撒くことでアタリを得やすくなることも覚えておこう。

身近な堤防に潜む大物を狙おう!「コブダイ」の釣り方

フカセ釣り

グレやチヌのフカセ釣りと同様の釣り方で行う。

コマセは広範囲に多めに行う事が有効となる(30mの範囲に、20秒ごとに6回程度撒く)。

ポイントとなるのは潮通しの良い波止や岩礁域で、撒き餌と付け餌を上手く同調させるようにする。

ウキフカセ釣りの達人、平和卓也が解説する磯釣り攻略法
釣れる時期1年を通して釣ることが出来るが、餌取りの少ない1~5月にかけてが釣りやすい。
タックル

磯釣り

竿はイシダイ専用竿の5m前後のもの、リールは大型ベイトリール、ミチイトにはナイロンの20号前後またはPEライン10号前後が使いやすい。

仕掛けは、イシダイ用誘導サルカンにオモリ30~40号、サルカン、ワイヤーハリスにイシダイ針の14~18号を使用する。

かぶせ釣り

竿は竿先がやわらかく、バットがしっかりしたものであればバス釣り用やイカダ竿など幅広く使用が可能な釣り方である。

リールは、3000番以上のスピニングリールまたは最大ドラグ5キロ以上のベイトリール、ラインはフロロの40ポンド以上を使用しよう。

仕掛けは、チヌ針4~5号またはマダイ針の12号を使用。基本的には、錘を使用せず餌の重みを利用する。

フカセ釣り

竿は磯竿4号以上5m前後、リールは3000番以上のスピニングリール、ミチイトはナイロンの10号以上が使いやすい。

仕掛けは、ウキ止め、シモリ玉小、円錐ウキ3B~5B号、フカセからまん棒、ガン玉、ハリスに10号を1ヒロ程度とグレ針12号を使用する。
ルアー・餌磯釣り、かぶせ釣りではカキ、瀬戸貝、アサリなどの殻の固いものを殻のついたまま使うのが良い。

フカセ釣りでは、虫エサの房掛け(1つの針に2~3匹掛ける)が主とされる。

これで完璧! 4種類の「虫餌の刺し方」の手順まとめ
ゴカイやアオイソメ(青虫)などの「虫餌」をスムーズに針につける2つの方法
次の釣行でも使える!虫エサの保存方法まとめ

コメント欄(Facebook)

公式チャンネル

  • ツリバカメラ
  • ハピソン
  • メジャークラフト