テーマ別

トップページ>魚図鑑>>アカメ(赤目)

アカメ(赤目)

写真提供 : 局田有 様
写真提供 : 局田有 様
写真提供 : 局田有 様
写真提供 : 局田有 様
写真提供 : 橋本佳樹 様
写真提供 : 橋本佳樹 様
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類スズキ目アカメ科アカメ属
別名マルカ、ミノウオ、メヒカリなど
英名Japanese barramundi
由来目が赤いことから由来する。特にフラッシュ撮影をした際に目が赤く映る。

分布

日本固有種で、太平洋岸に生息している。

高知県、宮崎県が生息地としては有名だが、環境省が絶滅危惧ⅠB類に指定しており絶滅の恐れが高い種である。宮崎県では採捕等が規制されているため釣るならば高知県に行くしかない。高知県でも地元アングラーの努力で大切にされている魚であるが故に、弱る前にキャッチアンドリリースを心掛けよう。

釣り人なら一度は釣ってみたい! 「日本三大怪魚」と呼ばれる魚たち

似ている魚との見分け方

アカメモドキに似るが、本種と比べかなり小型であり、沖縄諸島にしか生息しないということから見分けることができる。本種は下あごが上あごよりも突出し体高が高く、目が赤いのが特徴である。

毒や危険性について

特になし。

食性

肉食性で甲殻類や小魚を捕食する。

食味

捌き方
料理絶滅危惧ⅠB類に指定されている魚種のため、リリースすることをお勧めしたい。

釣りについて

釣り方

ルアー釣り

アカメは日本三大怪魚の一つとしてアングラーの憧れの魚であり、シーズンになると多くのアングラーが高知県へ足を運ぶ。

沿岸域や河口域などに生息しており純淡水域には生息していないようである。大きなものは全長2mを超すとも言われており、日本記録は140cmである。

狙う場所は常夜灯のある橋桁周りや、周辺護岸、河川の合流箇所のミオ筋や潮目などになる。回遊する個体を待つか、ベイトとなるボラの溜まりやすい場所を狙うことも有効となる。

レンジは中層~ボトム付近を中心に狙うのがポイントで、シンキングミノ―などを効果的に使い攻略しよう。

使用するルアーのフックサイズも大きめで強いものに交換することを忘れないようにしたい。

高知のアングラー北添貴行氏が114cm、20kgオーバーの超巨大「アカメ」を釣り上げる!
釣れる時期高水温を好むため、6~9月が釣りやすい。
タックル

ルアー釣り

大型が釣れる可能性を想定し、強度のあるタックルを必ず用意しよう。通常のシーバスタックルでは歯が立たないことがあるため、ショアジギングタックルやシーバスタックルでもMH(ミディアムヘビー)以上が望ましい。

ロッドはMAXウェイト80g前後の9~11フィートのもの、リールはシマノならば5000番台以上、ダイワならば3500番台以上のもの、ラインはPE2~3号程度、ショックリーダーはフロロカーボンの10~14号程度を選ぼう。

メインラインとショックリーダーの太さに差があり過ぎることでライントラブルが多発する場合がある。その場合はメインラインとショックリーダーの間にスペーサーラインを設けることでライントラブルを減らすことができる。
ルアー・餌シンキングミノ―、シンキングペンシル、フローティングミノー、バイブレーション、ビックベイトなど。

コメント欄(Facebook)

公式チャンネル

  • ハピソン
  • メジャークラフト