テーマ別

トップページ>魚図鑑>>テングハギ (天狗剥)

テングハギ (天狗剥)

この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類スズキ目ニザダイ科テングハギ属
別名テング、チヌマン、マブユ、ツノハゲなど
英名Bluespine unicornfish
由来頭部に「天狗」を連想させるような角があることから「テング」となり、「ハギ」は「皮」を簡単に「剥ぎ」取ることができることから由来すると言われている。

分布

北海道を除く日本各地

似ている魚との見分け方

ツマリテングハギに似ているが、本種の尾鰭は湾入形をしており、上下端が長く伸びることから見分けることができる。

毒や危険性について

毒はないが、尾ビレの付け根の尾柄部分に鋭いトゲがあるため扱いには注意が必要である。

食性

雑食性で海藻類や動物プランクトンなどを捕食する。

食味

捌き方
※ここでは形状の似ているウマズラハギの捌き方を紹介する。
  1. 口先、角を取り皮を剥ぐ。
  2. 頭を落とす。
  3. 3枚おろしにして捌く。

臭みの元である内臓を傷つけないように丁寧に捌こう。また、尾ビレの付け根の尾柄部分に鋭いトゲがあるため素手で触らないように注意しよう。
料理刺身、味噌汁、煮つけ、焼きものなど。

釣りについて

釣り方

ウキフカセ釣り

テングハギは堤防や磯でメジナ釣りの外道として釣れることが多いため、ここではウキフカセ釣りを紹介する。

温暖な海域を好み琉球諸島では生息数が多く、大きなものは60cmを超えるため引きが強く人気の釣りターゲットである。

テングハギは磯の潮通しの良い場所を好み中~低層付近に生息している。そのため、タナを調整して泳いでいるタナを見つけよう。

撒いたコマセと鈎につけた餌が同調するようにする。地形や潮の流れに変化がある場所がポイントとなる。

ウキフカセ釣りの達人、平和卓也が解説する磯釣り攻略法
それぞれの特徴を理解しよう!「ウキの種類」まとめ
タナ取りをスムーズに!フカセ釣りでの水深の測り方
釣れる時期年中釣ることができる。
タックル

ウキフカセ釣り

ロッドは1〜1.5号程度、5m前後の磯竿、リールは磯用の2000〜3000番程度、道糸はナイロン2〜3号前後でハリスはフロロカーボン1.5〜3号程度で針はメジナ用の4〜8号程度のものを使用する。

上記の他、半円シモリ玉、円錐ウキ、ゴム管、極小サイズのセル玉、10号前後のヨリモドシ、ガン玉が必要となる。

連載:初心者でもわかるウキフカセの始め方【第1回 竿とリールの選び方】
ルアー・餌オキアミ、コマセなど。

コメント欄(Facebook)

公式チャンネル

  • ハピソン
  • メジャークラフト
フィッシュソープの公式サイトのバナー