テーマ別

トップページ>魚図鑑>>トゲチョウチョウウオ (棘蝶々魚)

トゲチョウチョウウオ (棘蝶々魚)

写真提供 : 敷田和哉 様
写真提供 : 敷田和哉 様
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類スズキ目チョウチョウウオ科チョウチョウウオ属
別名マブシ、カーサー、アンガラ―サーなど
英名Threadfin butterflyfish
由来背鰭後方が「棘(トゲ)」のように長く伸びており、魚体が「蝶」のような形をしていて、蝶のようにヒラヒラと泳ぐ姿から「棘蝶々魚(トゲチョウチョウウオ)」になったとされる。

分布

関東地方以南~琉球諸島

似ている魚との見分け方

フウライチョウチョウウオに似るが、本種の成魚は背鰭後方の軟条が糸状に伸びていることから見分けることができる。また、フウライチョウチョウウオは尾の付け根に横縞模様が1本入るが、本種にはそれがないことからも判別できる。

毒や危険性について

特になし。

食性

雑食性で動物プランクトンなどを捕食する。

食味

捌き方主に観賞魚として人気があり、その色合いからも食用にされることはほとんどない。
料理

釣りについて

釣り方

サビキ釣り

昼行性で日が昇ると群れで撒き餌に集まってくるため各地の漁港や海釣り公園で簡単に釣ることができる。温暖な海域に多く生息し、九州南部や琉球列島では生息数が多い。

主に外道として釣れるもので、メインターゲットとなることはほとんどない。口が小さいので小さなサビキ針を使用しないと釣れないことも多々あるので注意が必要だ。

釣り分けをするのは難しいが、群れが入れば大漁も見込めるのがこの釣りの魅力である。体が平たいため水圧を受けやすく、釣れるとかなり引きが強く楽しませてくれる。

些細な差が釣果を変える!?誰も釣れてない時にサビキで爆釣する5つのコツ
目指せ爆釣! サビキ釣りで釣果を伸ばすコツ
釣れる時期
タックル

サビキ釣り

磯竿を使い本格的に狙うこともでき、エギングタックルやシーバスタックルを転用しても良い。サビキ仕掛けに耐えられる強度があればタックルどのようなものでも使える。

ロッドは磯竿の3号程度のものや8~9フィート程度のエギング、シーバスロッド、リールは中型スピニングリール、ラインはナイロンやフロロの3~5号程度のものを使い、ウキは7~10号程度の浮力のものが使いやすい。

これを読めば初心者でも釣れる! 手軽さNo.1の「サビキ釣り」の基本まとめ
ルアー・餌オキアミ、コマセなど。

コメント欄(Facebook)

公式チャンネル

  • ハピソン
  • メジャークラフト
フィッシュソープの公式サイトのバナー