テーマ別

トップページ>魚図鑑>>ソデイカ (袖烏賊)

ソデイカ (袖烏賊)

この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類ツツイカ目ソデイカ科ソデイカ属
別名アカイカ、ベニイカ、タルイカ、セイイカ、シンジュウイカ、ウシイカなど
英名diamond squid
由来腕にある膜が袖のように見えることから由来する。また、大きいヒレが袖のように見えるという説もある。

分布

熱帯・亜熱帯海域を好み西日本で多く見られるが、暖流にのって日本列島を北上することもあり、はっきりと特定されていないといえる。

似ている魚との見分け方

大型のアカイカによく似るが、本種はエンペラが胴体と同じくらいの長さであるのに対し、アカイカのエンペラは胴体の3分の1ほどしかないことから見分けることができる。

毒や危険性について

毒は無いが、アニサキスという虫が寄生していることがあるので注意が必要である。

釣った魚を食べるときは注意! 釣魚に潜む寄生虫「アニサキス」の恐怖と対策法

食性

肉食性で小魚やオキアミ類、クラゲノミ類と呼ばれる浮遊性の小型甲殻類、イカ類などを捕食する。

食味

捌き方
  1. 胴体を切り開く。
  2. 胴体から頭や内臓を引き剥がす。
  3. 胴の中を水で洗う。
  4. 皮を剥ぐ。
  5. エンペラの皮は剥がずに切り取る。

体表の滑りをブラシなどでしっかり落としてから捌く。胴体と頭を切り離すときに墨袋を破らないように注意が必要だ。
料理刺身、一夜干し、焼き物、フライ、煮物など。

本種は一度冷凍することにより見違えるほど柔らかい身になるため、冷凍して調理することをおすすめする。

釣りについて

釣り方

天秤フカセ釣り(船)

天秤の先にソデイカ専用カンナが付いている仕掛けを使う。専用タックルも販売されている。

船長からの指示ダナに従い仕掛けを落とし、大きくゆっくりシャクる。フォールさせる時も速く落とさず、ラインテンションを張ったままゆっくり落とすことでソデイカからのアタリをしっかり感じることができる。

フォール中にエサを抱いてくることが多いので、ラインの動きや穂先に集中しておくことも重要だ。

アタリがなければ周りの釣り人がどのようなタナで釣れたかをチェックしてみよう。

大きい固体は1m超え、青物と同等と言われるくらい強い引きのため、それなりのタックルを準備することが必要だ。釣り船によっては専用竿がレンタル可能な船もあるため確認することをおすすめする。
釣れる時期晩秋から冬の釣りと言われており、11~2月が釣りやすい。

冬になると海岸線に本種が打ち上げられる地方もある。また、漁港内に入ってくることもあり、ギャフで引っ掛ける人の姿も見受けられる(つがいで行動することが多いといわれる)。
タックル

天秤フカセ釣り(船)

青物竿、専用竿が良い。

竿は100号前後のオモリを背負えるもの、リールは大型電動リール、道糸はPE5号前後、ハリスは30号前後が使いやすい。

仕掛けは乗船する釣り船で用意してくれる場合もあるため、乗船前に確認してみよう。
ルアー・餌サンマ、アジ、イカなど。

コメント欄(Facebook)

公式チャンネル

  • ハピソン
  • メジャークラフト
フィッシュソープの公式サイトのバナー