ヤナギムシガレイ (柳虫鰈)

外観・内観写真

この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ 前へ
次へ 次へ

概要

分類 カレイ目カレイ科ヤナギムシガレイ属
別名 ヤナギガレイ、クビナガ、ヤナギ、アマガレイ、ササガレイなど
英名 Willowy flounder
由来 体型が「柳」の葉のように細く、体表に「虫」食い状の模様がある「カレイ」であることから由来する。「カレイ」は古語の「カラエヒ」が転訛したものとされる。

分布

北海道以南~九州北部の日本海側

似ている魚との見分け方

ムシガレイによく似ているが、ムシガレイよりも体型が細く目の上に鱗があるため見分けることができる。

毒や危険性について

特になし。

食性

肉食性で多毛類などの底生生物などを捕食する。

食味

捌き方
  1. 裏表共に鱗を取る。
  2. 内臓を取り除き、腹の中をよく洗う。
  3. 5枚おろしにして捌く。

体表の鱗とヌメリはしっかりと落としておくこと。
料理 刺身、ムニエル、煮つけ、フライ、唐揚げなど。

釣ったら作ろう! 白身魚料理の定番「ムニエル」の作り方

釣りについて

釣り方

船釣り

ヤナギムシガレイは水深100~200mの砂泥質の海底に多く生息しており漁港や堤防からの釣りで釣れるのは稀で、主に底引き網漁で水揚げされる。

成長しても30cm前後と小型のカレイであり、専門の釣りで狙われることはほぼ無いが、カレイの船釣りで稀に釣れることがあることから、嬉しい外道として考えるほうが無難である。

釣り方は常に餌がボトム付近を漂うようにしながら、時折仕掛けを上下させて誘いを入れる。その際にオモリで砂煙を起こしてアピールするのも重要だ。

3本鈎か2本鈎仕掛けを用いて、小型のスネーク天秤などを使いながら上鈎で誘い下鈎で食わすようにしよう。
釣れる時期 低い水温を好むため、11~3月が釣れる可能性が高い。
タックル

船釣り

タックルは不意の大物に備えて船釣り用のものを揃えることをおすすめする。

竿は30~50号のオモリ負荷に耐えられる先調子の1.5~2m前後のもの、小・中型ベイトリール、道糸はPE1~2号程度、ハリスはフロロの4号前後のものを使うと良い。

オモリは40号のナス型オモリをメインに潮流の強さで調整しよう。鈎はカレイハリや丸せいごの11~13号前後のものを使いやすい。
ルアー・餌 イワイソメ、アオイソメなど。

カレイ釣りで使う「釣り餌」と、それぞれの特徴

公式チャンネル