スナガレイ (砂鰈)

外観・内観写真

この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ 前へ
次へ 次へ

概要

分類 カレイ目カレイ科ツノガレイ属
別名 パンガレイ、カワガレイなど
英名 Sand flounder
由来 体表の感触が「砂」に触れているような「カレイ」であることから由来する。「カレイ」は古語の「カラエヒ」が転訛したものと言われている。

分布

北海道~東北地方

似ている魚との見分け方

カレイ類の数は膨大にいるが、日本に生息する同種に比べて鱗が小さく、極端に口が曲がった形でしゃくれている。また、無眼側(裏側)の外淵に黄色の帯があることも合わせて見分けることができる。

毒や危険性について

特になし。

食性

肉食性で多毛類などの底生生物を捕食する。

食味

捌き方
  1. 裏表共に鱗を取る。
  2. 内臓を取り除き、腹の中をよく洗う。
  3. 5枚おろしにして捌く。

体表の鱗とヌメリはしっかりと落としておくこと。
料理 ムニエル、煮つけ、唐揚げ、フライなど。

釣ったら作ろう! 白身魚料理の定番「ムニエル」の作り方

釣りについて

釣り方

投げ釣り

スナガレイは水深の浅い海域や河口などの汽水域に生息しており、成長しても30cm前後と小型のカレイの部類である。投げ釣りで簡単に狙うことができることから人気のターゲットだ。

数本の竿を置き竿にしてアタリを待つのが一般的な釣り方となる。

砂泥質の海底に生息し、船道やカケアガリなど地形が変化する場所を好む。そのため、キャストしたらカケアガリ等に仕掛けを誘導するようにしよう。

少数の群れで行動するため1尾でも釣れれば同じポイントを狙うと良い。また、アタリは時合に集中することが多いため、有望なポイントを絞って根気強く待つことも大切である。
釣れる時期 3~9月が良く、中でも水温が上がりだす春先が一番釣りやすい。
タックル

投げ釣り

飛距離をかせぎ広範囲を探るためにも投げ釣り用タックルを用意することをおすすめする。

ロッドは25~30号前後の投げ竿、リールは中型スピニングリール、道糸はナイロンラインの2~3号程度、力糸(ショックリーダー)は3~12号前後が使いやすい。

ハリスにビーズ等で装飾をしアピール力を増すと効果的である。

初心者必見!おすすめの投げ釣り用リール5選
初心者におすすめ!投げ釣り用ロッド5選
初心者はキスを釣ろう! 投げ釣りに使う釣具まとめ【入門者編】
ルアー・餌 イワイソメ、アオイソメなど。

カレイ釣りで使う「釣り餌」と、それぞれの特徴

公式チャンネル