トップページ>魚図鑑>カゴカキダイ (駕篭担鯛)

カゴカキダイ (駕篭担鯛)

写真提供 : うりぼ 様
写真提供 : うりぼ 様
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類スズキ目カゴカキダイ科カゴカキダイ属
別名アオヒシャ、オトノサマ、イマイオ、ヨコシマなど
英名Stripey
由来後頭部が盛り上がっている様が昔の「駕篭かき」の肩の盛り上がっている様を思わせることから由来し、「タイ」の「タ」は魚体が平であること、「イ」は魚類を示す魚(うお、いお)から由来すると言われている。

分布

北海道を除く日本各地

似ている魚との見分け方

似ている魚は特におらず、本種は体型が五角形で体側に5本の黒色縦帯が入るのが特徴である。

毒や危険性について

特になし。

食性

肉食性で小型甲殻類や多毛類などを捕食する。

食味

捌き方
ここでは形状と大きさの似ている小鯛の捌き方を紹介する。
  1. 鱗を取る。
  2. 頭を落として内臓を取り除く。
  3. 3枚おろしにして捌く。

小型なので用途に応じて簡単な処理だけで良い。
料理刺身、塩焼き、煮つけなど。

意外と知られていないが白身は美味で、旬は秋から冬である。

釣りについて

釣り方

サビキ釣り

カゴカキダイは堤防や漁港などで、アジなどのサビキ釣りの外道として釣れることがある。

市販のサビキ仕掛けを使おう。

目の前に落として待つだけで良いが、活性の低い時にはシャクって誘いを入れると良い。

些細な差が釣果を変える!?誰も釣れてない時にサビキで爆釣する5つのコツ
目指せ爆釣! サビキ釣りで釣果を伸ばすコツ
釣れる時期年中釣ることができる。
タックル

サビキ釣り

サビキ竿やルアーロッドなどを準備する。

竿は3m前後のものを用意し、リールは小型~中型スピニングリール、ラインはフロロの1~1.5号程度が使いやすい。

これを読めば初心者でも釣れる! 手軽さNo.1の「サビキ釣り」の基本まとめ
ルアー・餌オキアミ、サビキなど。

公式チャンネル

  • アルカジック
  • アルファタックル
  • ジャクソン
  • ツリバカメラ
  • テイルウォーク
  • メジャークラフト