テーマ別

トップページ>魚図鑑>>オオニベ(大鮸)

オオニベ(大鮸)

写真提供 : 局田有 様
写真提供 : 局田有 様
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類スズキ目ニベ科オオニベ属
別名ミナミスズキ、ニベ、ヌベなど
英名Japanese meagre
由来ニベ類の中でも大型種のため「オオニベ」と呼ばれるようになったと言われている。古来「ニベ」の浮き袋を煮て作った「にかわ」が主流であり、「煮る」の「ニ」と、膨らむ(浮き袋)意の「ヘ」が合わさって「ニベ」となったという説がある。

分布

相模湾~九州南岸

似ている魚との見分け方

ニベとよく似るが、本種の胸ビレの長さは第一背ビレよりも短いのに対し、ニベは第一背ビレよりも長いか同等なことから見分けることができる。また、ニベの尾ビレは扇方になっているのに対し、本種は截形に近い形状で、かつ中央部が少し突き出ていることからも判別できる。

毒や危険性について

特になし。

食性

肉食性で小魚や甲殻類、多毛類、イカ類などを捕食する。

食味

捌き方
  1. うろこを落とす。
  2. 3枚おろしで捌く。

大型になると骨も太く大変硬いため、大きめの出刃包丁を用意しよう。
料理刺身、塩焼き、バターソテー、ムニエル、煮付け、お吸い物など。

釣ったら作ろう! 白身魚料理の定番「ムニエル」の作り方

釣りについて

釣り方

ルアー釣り

怪魚との異名を持つほど個体数が少なく、最大で200cmにもなる本種であるがショアから狙うことができる。

潮通しの良いサーフからルアーを使って狙うのが一般的で、強めのシーバスロッドなどを代用できることもあり近年人気のターゲットになっている。

基本はサーフからのシーバス(スズキ)釣りと同じであるが、本種は大型種ということもあり凄まじいパワーゲームを強いられることになるため、装備など事前の準備はしっかりとしておこう。

サーフゲームでは離岸流や地形の変化を探すことが本種と出合う一番の近道といえる。

国内でショアから狙える巨大魚「オオニベ」の釣り方
釣れる時期産卵のため接岸する12~1月が釣りやすい。
タックル

ルアー釣り

強めのシーバスロッド、またはヒラスズキ専用ロッドが良い。

ロッドは10フィート前後で硬さはMH(ミディアムヘビー)~H(ヘビー)クラス、リールはダイワなら3000~3500番程度、シマノだと4000~5000番程度、ラインはPE1.5~2号前後、リーダーはフロロカーボンの7~10号前後が使いやすい。

本種は大型種であるため、ある程度強引にやり取りできるタックルが望ましく、ルアーの飛距離をかせぐためにも10フィート前後のロッドを使用するのが一般的である。

また、シーバス用のルアーを代用できるが、本種を確実にキャッチするためにも大きめのフックサイズに変更することをおすすめしたい。
ルアー・餌フローティングミノー、ジグミノー、シンキングミノー、シンキングペンシル、バイブレーション、ポッパー、メタルジグなど。

ルアーを理解してシーバスを釣ろう!「シンキングペンシル」の特徴と使い方
広範囲を攻めよう!おすすめのジグミノー5選

コメント欄(Facebook)

公式チャンネル

  • メジャークラフト