テーマ別

トップページ>魚図鑑>>アユ (鮎・年魚・香魚)

アユ (鮎・年魚・香魚)

写真提供 : 有居淳 様
写真提供 : 有居淳 様
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類サケ目アユ科アユ属
別名ネンギョ、コウギョ、オチアユ、ハイカラ、アイ、ヒオ、ヒウオ、オチアユなど
英名Ayu
由来秋に川を下る魚であり、その様を昔は「あゆる(落ちるの意)」と呼ばれていたことから由来すると言われるが、他にも数多くの説がある。

分布

日本全域

似ている魚との見分け方

姿はヤマメやイワナと似るが、本種はエラの後方に鮮やかな黄色の模様が1~2個あることから見分けることは容易である。

毒や危険性について

毒はないが、天然魚の生食は寄生虫に注意が必要である。

食性

幼魚の時は肉食性で動物性のプランクトンやカワムシ、昆虫などを捕食し、成魚になるにつれて藻食性になっていき、岩に付着するコケを削り取るように捕食するようになる。

食味

捌き方
  1. ぬめりをしっかり落とす。
  2. お腹を押して肛門からフンを搾り出す。
  3. 串を刺す。

ウロコを軽く引いた方が食べた際の口当たりは良くなる。
料理串焼き、塩焼き、炊き込みご飯(鮎飯)、子持ちの南蛮漬けなど。

釣りについて

釣り方

友釣り

鮎釣りの中で最も一般的な釣り方であり、「鮎掛け」とも呼ばれる。

鮎は激しい縄張り意識をもっており、自分のテリトリーに入ってきた魚を体当たりで追い出そうとする。その習性を利用したのが鮎の友釣りである。

オトリ鮎といわれる活きた鮎を目的のポイントへ流し、本命の鮎が体当たりしてきた時にオトリ鮎に付いている掛け針に引っ掛ける手法だ。

コロガシ釣り

コロガシ釣りも人気のある釣り方であり、専用タックルも販売されている。

友釣りはオトリ鮎が必要だが、コロガシ釣りは針のみで鮎を掛ける釣り方である。

掛け針を自分の正面方向に落とし、下流方向(上流の場合もあり)へ扇型状に川の流れを切るよう誘導し、鮎を引っ掛ける方法だ。

掛け針が複数本付いた長い竿で広い範囲を探るため、周囲の状況を常に把握し注意を怠らないようにしたい。
釣れる時期鮎釣りの解禁時期は各河川によって違うため、その地区の漁協や県の水産課に確認するのが一番正確である。また、鮎釣りをする場合は入漁権や遊漁券が必要になるので購入してから釣りに行こう。
タックル

友釣り

専用の鮎竿が良い。

竿は9m前後の友釣り専用竿、天井糸はナイロン1号前後、水中糸はナイロン0.3号前後が使いやすい。

近年では金属糸やPEを使ったラインシステムもあり、個々の好みによって個性が出せるようになっている。

専門性が高い釣り方ゆえ、水中糸から下の仕掛けに関しては場所などによって多種多様なので、先輩や釣り具店などでアドバイスをもらうことをおすすめしたい。

釣り具量販店などでは、竿に結ぶだけですぐ使える「完全仕掛け」なども販売されているので慣れるまではそれらを使用するのも手である。

コロガシ釣り

コロガシ釣り専用竿が良い。

竿は8m程度のコロガシ専用竿、ラインはナイロン0.8号前後が使いやすい。釣り具量販店などでは、竿に結ぶだけですぐ使える「完全仕掛け」なども販売されているので、慣れるまではそれらを使用することを推薦する。

針糸長は150cm位でおもりから40cm位から掛け針を等間隔に4~7本付ける。針の数に制限がある場所もあるため、必ず確認してから釣りに挑むこともマナーのひとつである。

専門性が高い釣り方ゆえ、仕掛けに関しては場所などによって多種多様なので、先輩や釣り具店などでアドバイスをもらうにしよう。
ルアー・餌オトリ鮎、ルアー、フライなど。

コメント欄(Facebook)

公式チャンネル

  • ハピソン
  • メジャークラフト
フィッシュソープの公式サイトのバナー