トップページ>魚図鑑>ヤリタナゴ (槍鱮)

ヤリタナゴ (槍鱮)

外観・内観写真

写真提供 : 橋本佳樹 様
写真提供 : 橋本佳樹 様
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ 前へ
次へ 次へ

概要

分類 コイ目コイ科アブラボテ属
別名 ボテ、ベンチョコ、ニガブナなど
英名 Slender bitterling
由来 「槍」のような細い体型をしたタナゴであることから由来する。

分布

東北地方~九州北部

似ている魚との見分け方

アカヒレタビラに似ているが、本種は背鰭の軟条に黒い筋が入らない点と、繁殖期のオスは腹が黒くなることから見分けることができる。

毒や危険性について

特になし。

食性

雑食性で水生昆虫や植物プランクトンを捕食する。

食味

捌き方 小型で観賞用がメインのため食用にされることはほとんど無い。
料理

釣りについて

釣り方

ウキ釣り

タナゴ釣りは関東地方、特に霞ヶ浦一帯で人気の高い釣りである。

海釣りと比べると極小の仕掛けを使い、道糸に関しては髪の毛と同じくらい細い。それだけ繊細な釣りだが、繁殖期のオスの婚姻色が非常に美しくタナゴ類は人気のターゲットだ。

ポイントになるのは流れの緩やかな農業用クリークや用水路、護岸の少ない小川である。綺麗な水よりも、どちらかと言うと濁りの入った水を好む。

アタリが小さいため細かな横のアタリ等も把握できるように色の付いたイトウキを等間隔で付けると良い。

湖沼で釣る場合には船留まり等の障害物回りをチェックすることも重要となってくる。大型の河川よりも小型河川や用水路が釣りやすいのでポイント選びは気を付けよう。

ボトム付近を泳いでいることが多いので最初はタナを深めに設定し、ヤリタナゴのいるタナを探っていくことが釣果を上げるコツとなる。

連載 : 釣った魚の飼育方法【第1回 飼育する魚の釣り方】
釣れる時期 年間を通して釣れるが、寒くなると活性が落ちるので3~9月が釣りやすい。
タックル

ウキ釣り

タナゴ釣り専用のタックルも販売されているが、小型の渓流竿でも代用できる。釣り場が用水路や小川になるのであまりにも長い竿は使い辛い。

ロッドは1.5m前後のタナゴ竿か渓流竿を使い、道糸はナイロンの0.4~0.6号程度のものを使う。

小型のハエウキと色付きイトウキを5個ほど用意しよう。針はタナゴ針や、新半月、極タナゴなどを使うと良い。

プロックスから超コンパクトな本格タナゴ竿「三作目 小枝タナゴ」登場
宇崎日新から天然貝粉仕上げの高級感溢れるタナゴ竿「小鮒丹 陣」が登場
ルアー・餌 卵の卵黄と薄力粉等を練った黄身練り餌やグルテン、市販の練り餌など。

公式チャンネル