ドジョウ (泥鰌、鰌、鯲)

外観・内観写真

写真提供 : 橋本佳樹 様
写真提供 : 橋本佳樹 様
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ 前へ
次へ 次へ

概要

分類 コイ目ドジョウ科ドジョウ属
別名 ドジョンコ、ドンキュウなど
英名 Oriental weatherfish
由来 土から生まれるという意味の「どじゃう」に由来しているという説がある。

分布

北海道〜沖縄

似ている魚との見分け方

同じドジョウ科のシマドジョウ、ホトケドジョウなどに似る。

本種は茶色っぽい体色であり、尾ビレ付け根上部に小さな黒点があるので見分けることができる。

毒や危険性について

特になし。

食性

雑食性で藻やイトミミズ、ユスリカの幼虫などを捕食する。

食味

捌き方
※ドジョウは泥を吐かせて捌かず丸ごと料理に使われることが多いが、ここでは捌き方を紹介する。
  1. エラの上あたりに目打ちをする。
  2. エラの脇から尾へ中骨に沿って切り開く。
  3. 内臓を取り除く。
  4. 中骨の下に包丁をいれてそぐようにして中骨を取り除く。
  5. 頭を切り落とす。

ぬめりがあるので捌く時は滑らないように注意すること。
料理 柳川鍋、甘露煮、蒲焼など。

釣りについて

釣り方

ウキ釣り

川底が泥であれば生息している可能性があるため、田んぼの横にあるような細い用水路などでも釣ることができる。
釣れる時期 産卵時期の5〜7月頃が釣りやすい。
タックル

ウキ釣り

ロッドは1.5〜2.0m程度の小物竿やのべ竿を使用し、道糸に0.6号前後のナイロンライン、ハリスは0.3号程度で、針は秋田狐や袖針の1~2号程度のものが良い。

ウキは5号以下の玉ウキが使いやすい。
ルアー・餌 赤虫、ミミズなど。

公式チャンネル