テーマ別

トップページ>魚図鑑>>アオヤガラ(青矢柄、青簳魚)

アオヤガラ(青矢柄、青簳魚)

  • この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。

前へ前へ

次へ次へ

概要

分類トゲウオ目ヤガラ科ヤガラ属
別名ヒヒフチャー、フエフキ、ヤカラ、ヤガラなど。
英名Cornet fish
由来矢のように細く、青い体色をしていることに由来する。

分布

本州中部以南

似ている魚との見分け方

同属のアカヤガラと似るが、名前の通りアカヤガラは赤っぽい体色、本種は青っぽい体色をしている点で見分けることができる。

毒や危険性について

特になし。

食性

肉食性で小魚や甲殻類を細長い口で吸い込んで捕食する。

食味

捌き方
※ここでは形状が似ているアカヤガラの捌き方を紹介する。
  1. 頭を切り落とす。
  2. 腹を開いて内臓を取り除く。
  3. 尻尾を切り落とす。
  4. 三枚におろす。
  5. 腹骨を取り除く。

頭部が硬く、捌きにくいため注意しよう。
料理干物、唐揚げ、刺身など。

釣りについて

釣り方※アオヤガラは狙って釣るには難しく、小アジなどを狙ったサビキ釣りでの外道として釣れることが多いため、ここではサビキ釣りについて紹介する。

サビキ釣り

堤防や漁港など身近なポイントで釣ることができ、アオヤガラは表層付近を泳ぐ魚なため、回遊してきた際には意識してタナを上げよう。

サビキ仕掛けのコマセカゴの中にコマセを詰めた後、真下の海中に落とす。寄せ集めるために竿を上下にあおり、コマセをコマセカゴから散乱させると良い。

些細な差が釣果を変える!?誰も釣れてない時にサビキで爆釣する5つのコツ
目指せ爆釣! サビキ釣りで釣果を伸ばすコツ
釣れる時期水温が高い6~11月が釣りやすい。
タックル

サビキ釣り

磯竿を使い本格的に狙うこともでき、エギングタックルやシーバスタックルを転用しても良い。サビキ仕掛けに耐えられる強度があればタックルどのようなものでも使える。

ロッドは磯竿の3号程度のものや8~9フィート程度のエギングロッドやシーバスロッド、リールは中型スピニングリール、ラインはナイロンやフロロの3~5号程度のものを使い、ウキは7~10号程度の浮力のものが使いやすい。

これを読めば初心者でも釣れる! 手軽さNo.1の「サビキ釣り」の基本まとめ
ルアー・餌オキアミ、コマセなど。

コメント欄(Facebook)

公式チャンネル

  • メジャークラフト