テーマ別

トップページ>魚図鑑>>クエ(九絵、垢穢)

クエ(九絵、垢穢)

写真提供 : 兵動太一 様
写真提供 : 兵動太一 様
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類スズキ目ハタ科マハタ属
別名アラ、モロコ、マス、クエマス、アオナなど
英名Longtooth grouper
由来体にある縞模様が九回変化するところから「九絵」、茶色く汚れたような体色をしていることから「垢穢」となったと言われている。

分布

南日本

似ている魚との見分け方

大型の個体になると、マハタやマハタモドキに似る。

マハタやマハタモドキと比べて尾びれ先端が白くない点と、やや細長い体をしていることから見分けることができる。

毒や危険性について

毒はないが、エラにあるトゲと歯が鋭いので注意しよう。

食性

肉食性で魚や甲殻類、イカ、タコなどを捕食する。

食味

捌き方
  1. ウロコが細かいため、スキ引きでウロコを取る。
  2. エラと内臓のつなぎ目、エラとカマの下を切る。
  3. 腹を開いてエラと内臓を取り除き、血合いを洗い流す。
  4. 三枚におろす。

エラとヒレに鋭いトゲがあるため注意しよう。

クエは捨てる部位がほぼ無いと言われており、内臓なども大変美味である。
料理しゃぶしゃぶ、刺身、鍋、唐揚げ、ひれ酒など。

寒い冬にピッタリ! 鍋におすすめの釣魚と下処理方法

釣りについて

釣り方

ショアジギング

メタルジグを底まで沈め、ジャークなどのアクションを加えて巻き上げる。

根に付く魚なことから海底の根付近を意識し、アタリがあるタナを重点的に探りながら釣ることが重要となる。

ファイトが始まり、本種が浮いた時点で一気に巻き上げることが肝心であり、気を抜くと一瞬で根に潜られるので注意しよう。

大きい固体は想像を絶する引き(パワー)なことから、足場を考慮した上で場所を選ぼう。

磯釣り

磯の中でも荒磯と言われる磯で釣れることが多い。

急に水深が深くなっているような場所や沈み根が点在している場所がポイントとなるが、潮通しが良いことが絶対条件となる。

大きい固体は想像を絶する引きなことから、足場を考慮した上で場所を選ぼう。

沖釣り

置き竿のウィンチスタイルで狙うのが一般的である。

急に水深が深くなっているような場所や沈み根が点在している場所がポイントとなるが、潮通しが良いことが絶対条件となる。

狙うタナは底から3m前後が目安となり、船頭さんの指示に従い餌を投入しよう。

餌はサバやカツオ、イカ、ムロアジなど様々で、乗船する船に問い合わせることをおすすめする。

オフショアジギング

船からのオフショアジギングでも釣ることができる。

急に水深が深くなっているような場所や沈み根が点在している場所がポイントとなるが、潮通しが良いことが絶対条件となる。

メタルジグを底まで沈め海底の根付近を意識し、ジャークなどのアクションを加えて巻き上げる。

最近ではスロージギングなどで狙う方法なども流行している。
釣れる時期一年を通して狙うことができるが、その中でも特に9月〜2月頃がシーズンとされる。
タックル

ショアジギング

ライトショアジギングタックルを使用できるが、大物を狙うならば専用のショジギングロッドを選択しよう。

ロッドは10フィート前後のショアジギングロッド、リールはシマノなら8000番前後、ダイワなら4500番前後の中・大型スピニングリール、ラインはPE4号前後、リーダーはフロロカーボン80〜130ポンド前後が使いやすい。

磯釣り

クエ専用竿が良い。

ロッドは5m前後の大物用の磯竿、リールには道糸を120~150m程巻ける大型の両軸リール、道糸はPE30号前後、道糸にはナイロン80号前後、先糸にワイヤー#32程度を2m前後、ハリスにワイヤー#32程度を1.2m前後が使いやすい。

オモリは30〜40号程度、針は35号前後のクエ針を使用する。

沖釣り

ロッドは2.5m前後の専用竿か泳がせ竿、リールは大型の両軸リールか電動リール、道糸は60〜100号程度のものを100m以上、ハリスは60~100号を2m程度が使いやすい。

オモリは100号以上の中通しオモリ、針は35号前後のクエ針を使用する。

オフショアジギング

ロッドは6フィート前後の大物対応ジギングロッド、リールは大型スピニングリールか中・大型両軸リールが使いやすい。

ラインはPE4号程度、リーダーに50ポンド前後のフロロカーボンを使用する。
ルアー・餌ショアジギングの場合はメタルジグの40~120g前後を使用する。

磯釣りの場合は付けエサにサバやムロアジ、コマセとしてカツオなどのワタ、冷凍サバやカタクチイワシのぶつ切りなどを使用する。

沖釣りの場合はサバやカツオ、イカ、ムロアジの死にエサかムロアジ、イカの活きエサを使用する。

オフショアジギングの場合は水深や潮の速さによって100g前後のメタルジグを使用する。

コメント欄(Facebook)

公式チャンネル

  • ハピソン
  • メジャークラフト