マアジ (真鯵)

外観・内観写真

写真提供 : 田中京介 様
写真提供 : 田中京介 様
写真提供 : カズワタベ 氏
写真提供 : カズワタベ 氏
前へ 前へ
次へ 次へ

概要

分類 スズキ目アジ科マアジ属
別名 アジ、アヅ、メダマ、ノドクロ、クロアジ、キアジ、キンアジ、ヒラアジ、ホンアジ、オオアジ、ゼンゴなど
英名 Horse mackerel, Jack mackerel
由来 アジの語源は「味」で、その食味の良さを褒められる意味で名付けられた。他にも食味の良い魚は多数あるが、イワシやサバのように日本を代表する食用魚で、漁獲量が多かったことも由来に関係していると言われている。

漢字の「鯵」の語源は、元は魚編に「喿」と書く漢字が当てられていたが、間違えて伝わったという説と、美味しくて「参ってしまう」の意味という説、最も美味しい季節が旧暦の3月に当たるためという説など諸説がある。

分布

北西太平洋の沿岸域、日本各地に分布

似ている魚との見分け方

同じくアジ科のマルアジが見た目も似ている。マルアジの方が生息域は南方寄りだが、混ざって釣れることもある。

見分ける際は、マアジの方が体高があることや、稜鱗(ぜんご)が側線の前部まであること、ムロアジの仲間は尾の付け根に小離鰭と呼ばれる小さいヒレがあることを参考にしよう。

また、マアジの中でも黒アジと黄アジに分けられる。
黒アジとは「回遊型のマアジ」のことで、少し黒ずんだ長細い体形をしており、身に脂が少ないといわれているのに対し、黄アジとは「居付きのマアジ」のことで、体色は黄色が強く丸みを帯びた体形をしており、身に脂が多いといわれている。

これで見分けられる!マアジとマルアジの違いまとめ

毒や危険性について

特になし。

食性

肉食性で動物プランクトンや甲殻類、イソメなどの多毛類、イカ、小魚などを捕食する。

釣りについて

釣り方

アジング

堤防や漁港など身近なポイントで釣ることができ、専用タックルも販売されている。

アジングに必要とされるのは、ロッドとリール、ラインにルアーという、ルアー釣りにおける最もシンプルなタックルで、かつそれぞれが軽量なもの。そのため、仕事帰りやちょっとした隙間時間に気軽に楽しめるのがこの釣りの魅力である。

初心者のための「アジングの始め方」徹底解説
尺アジを釣り上げよう! アジングでサイズアップを実現する5つのコツ
プラスアルファで快適に! 「アジングで便利なアイテム」まとめ

サビキ釣り

堤防や漁港など身近なポイントで釣ることができ、魚釣り入門としても最適である。

サビキ仕掛けのコマセカゴの中にコマセを詰めた後、真下の海中に落とす。アジを寄せ集めるために竿を上下にあおり、コマセをコマセカゴから散乱させると良い。

これを読めば初心者でも釣れる! 手軽さNo.1の「サビキ釣り」の基本まとめ
群がる魚たち! 実はこうなっていた「サビキ釣り」の水中映像
釣れる時期 高い水温を好むため、5~11月が釣りやすい。
タックル

アジング

専用タックルが良い。

ロッドは7フィート前後の専用スピニングロッド、リールは1000~2000番程度のスピニングリール、ラインはPEだと0.1~0.4号前後、エステルラインだと0.2~0.3号前後、フロロカーボンだと1〜2.5ポンド前後が使いやすい。

初心者向けアジング用おすすめタックルまとめ
釣果に繋がる「アジング用リール」の選び方とおすすめ3選
アジングにおすすめ!おすすめのエステルライン5選
アジング用ジグヘッドの選び方と、おすすめ5選

サビキ釣り

万能竿やルアーロッドなど幅広い竿で楽しめる。

竿は2~3m程度の小物用スピニングロッド、リールは小型スピニングリール、道糸はナイロン2~2.5号程度が使いやすい。

サビキ仕掛けはどこの店舗でも多様な種類を購入することができるため、自分のタックルに合った仕掛けを揃えよう。2~3セットあれば釣り場でトラブルがあっても困らないだろう。

サビキ釣りに必携!おすすめの便利アイテム5選
ルアー・餌 小型ワーム、小型メタルジグ、サビキ、コマセなど。

これを選べば間違いなし!アジング用ワームの基礎知識とおすすめ製品
尺アジ攻略にオススメのアジング用ルアー5選

公式チャンネル