ニゴイ (似鯉)

外観・内観写真

写真提供 : 砂永一樹 様
写真提供 : 砂永一樹 様
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ 前へ
次へ 次へ

概要

分類 コイ目コイ科二ゴイ属
別名 ミノ、セイタ、キツネゴイ、ミゴイなど
英名 Barbel steed
由来 見た目が「コイ」に似ていることから「似鯉(ニゴイ)」の名前がついたと言われている。

分布

本州~九州北西部

似ている魚との見分け方

ズナガ二ゴイとよく似ているが、本種は大型化し、体側に黒点が散在しないことから見分けることができる。

毒や危険性について

毒はないが、天然魚の生食は寄生虫に注意が必要である。

食性

雑食性で水生昆虫や小魚、付着藻類を食べる。

食味

捌き方
※ここでは似た体型であるコイの捌き方を紹介する。
  1. 活きたものは気絶させる。
  2. 3枚におろし、内臓を取り除く。
  3. 皮を引く。

活きているものは暴れるので気絶させてから手早く捌こう。内臓は丁寧に取り除き、しっかりと腹の中を洗うことで臭みを抑えることができる。
料理 洗い、煮付け、フライなど。

釣りについて

釣り方 ※二ゴイはオオクチバス釣りの外道として釣れることが多いため、リンクではオオクチバスの釣り方を紹介することにする。

ルアー釣り

大型のものは小魚を捕食し、好奇心旺盛なため多種多様なルアーで釣ることができる。

口が下向きに付いており、ボトム付近を泳いでいるためルアーは着底させると良い。

杭やテトラポッドなどの障害物や流れ込み、流れのある砂地のボトムなどがポイントとなる。 オオクチバスよりも、流れがあり低水温で綺麗な河川を好む。

バス釣りの基本知識! ブラックバスの習性【入門編】
連載 : 初心者のための「バス釣りの始め方」【第2回 釣り場の選択編】
釣れる時期 年中狙うことができるが、低水温を好むため10~12月、3~5月が釣りやすい。
タックル

ルアー釣り

スピニングタックル、ベイトタックルどちらでも釣ることができる。

ロッドは6.5フィート前後でML(ミディアムライト)からMH(ミディアムハード)程度のもの、ベイトリールの場合は100番程度、スピニングリールの場合は2000番程度のものを使うと良い。

ラインは、ナイロンかフロロカーボンのものが使いやすい。 スピニングリールの場合は3〜5ポンド程度、ベイトリールの場合は14〜16ポンド程度の太さがおすすめである。

初心者向けおすすめのブラックバス用タックルまとめ
編集部推薦!ブラックバス用ルアーランキングベスト10
ルアー・餌 ワーム(最も釣りやすい)、ポッパー、ミノーなどのプラグ、スピナーベイト、バズベイトなどのワイヤーベイトなど。

公式チャンネル