トップページ>魚図鑑>ブラウントラウト (茶鱒)

ブラウントラウト (茶鱒)

外観・内観写真

写真提供 : 新山 潤一 様
写真提供 : 新山 潤一 様
写真提供 : 新山 潤一 様
写真提供 : 新山 潤一 様
前へ 前へ
次へ 次へ

概要

分類 サケ目サケ科タイセイヨウサケ属
別名 トラウト、マスなど
英名 Brown trout, Sea trout
由来 英名であり、茶色がかった体色とラテン語で「鱒」を意味する「トラウト」 から由来する。

分布

ヨーロッパ原産の種で、移植により北海道と栃木県、神奈川県の一部などに生息している。

似ている魚との見分け方

トラウトと見た目がよく似ているが、本種は名前の通り体色が茶色がかった体表に朱色の斑点が散在し、尾鰭に黒点が無いことが特徴であり、その点から見分けることができる。

毒や危険性について

毒はないが、天然魚の生食は寄生虫に注意が必要である。

食性

肉食性で小魚や甲殻類、水生昆虫などを捕食する。

食味

捌き方
  1. 鱗を取る。
  2. 内臓を取り除き頭を落とす。
  3. 3枚おろしにして捌く。

内臓は丁寧に取り除きしっかりと腹の中を洗うこと。 小骨も丁寧に処理することで幅広い料理に使うことができる。
料理 ソテー、ムニエル、シチュー、フライ、マリネなど。

釣ったら作ろう! 白身魚料理の定番「ムニエル」の作り方

釣りについて

釣り方 ※多種多様な釣り方があるが、ここでは一般的なルアー釣りを紹介する。

ルアー釣り

河川に生息しているブラウントラウトは、流芯エリアのボトム付近や沈み瀬、流れのある瀬、岩盤エリアなどを重点的に狙うことをおすすめする。

河川の他にも、管理釣り場では放流されているブラウントラウトを気軽に狙うことができる。

管理釣り場での釣りでは、バーブレスかつシングルフックで臨むようにしよう。

驚異の反応速度! 釣りの参考になるトラウトの捕食の瞬間映像
釣れる時期 水温が上がり活性の高まる5~10月が良い。

河川での釣りは遊漁料、遊漁期間が設けられている場合が多いので必ず確認しよう。

渓流釣りの「禁漁期間」に関する基礎知識まとめ
タックル

ルアー釣り

大きなものは1m近くにもなり引きもパワフルなため、ある程度強度のあるタックルで狙うこと。

ロッドはトラウトロッド、もしくはシーバスロッドの7~9フィート前後のもの、リールは中型スピニングリール、道糸はPE1号前後のもの、リーダーはフロロの2.5~3号程度のものが使いやすい。

一年中楽しめる!初心者でも爆釣できる「エリアトラウト」の始め方徹底解説
スレた魚を攻略しよう! 上級者におすすめのエリアトラウト用ロッド5選
解禁前に揃えておきたい!「渓流釣り」に必要なアイテムまとめ
ルアー・餌 5g前後の小型スプーン(一般的)、小型ミノ―(スレてきた場合)など。

大型を狙え!ネイティブトラウトにおすすめスプーン5選
スプーンで釣れない時に試してみたい!初心者でも釣れるエリアトラウト用クランク5選

公式チャンネル