トップページ>魚図鑑>ウグイ (鵜食)

ウグイ (鵜食)

外観・内観写真

写真提供 : 橋本佳樹 様
写真提供 : 橋本佳樹 様
写真提供 : 910 様
写真提供 : 910 様
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ 前へ
次へ 次へ

概要

分類 コイ目コイ科ウグイ属
別名 ハヤ、ザッコ、ザコ、イダ、マルタなど
英名 Minnow
由来 鵜が食っていた魚だったことから「ウグイ」となったと言われれている。

分布

北海道~九州

似ている魚との見分け方

ウグイ属はウグイ、マルタウグイ、エゾウグイ、ウケクチウグイの4種おり、本種の背鰭前鱗数は37枚以下に対し、マルタウグイ、エゾウグイ、ウケクチウグイは38枚以上あることから判別できる。

本種の成熟個体には黒色縦帯が入り、繁殖期には婚姻色(繁殖期の発色)で頬~尾柄部分まで鮮やかな朱色となる。

毒や危険性について

毒はないが寄生虫が多く存在するため、生食では食さないようにする。

食性

雑食性で、水生昆虫や付着藻類などを捕食する。

食味

捌き方
  1. 鱗を取る。
  2. 内臓を取り除き腹の中を綺麗に洗う。
  3. 3枚おろしにして捌く。

小型のものでも丁寧に内臓を処理しておくことで、川魚特有の生臭さが無くなる。
料理 塩焼き、南蛮漬け、唐揚げなど。

釣りについて

釣り方

ウキ釣り

各地の河川の中上流域~河口域で狙うことができるが、同じ生息環境に多くの魚が生息しているため専門に狙うことは難しい。

水温の低い時は底付近でジッとしており、活性の高い時は水面近くで落下物などに対し積極的に反応して来ることが多い。

ウグイのいるタナを早く見つけることが好釣果をあげるポイントとなる。

ルアー釣り

水面の落下物に対して反応が良い時は活性が高いため、小型のスプーンなどでウグイを狙ってみるのをおすすめする。

基本的には難しい技術は必要なく、ただ巻きをして来るだけで釣ることができる。
釣れる時期 年中狙うことができるが、3~5月の産卵期が釣りやすい。

場所によっては禁漁期間等に注意が必要である。

渓流釣りの「禁漁期間」に関する基礎知識まとめ
タックル

ウキ釣り

清流用の竿が専用だが、のべ竿であれば十分である。

ロッドは3~5m前後ののべ竿、道糸はナイロン0.6~1号前後、ハリスは0.4~0.8号前後のものに、針は5~8号前後のものが使いやすい。

ウキは棒ウキやトウガラシウキを使い、その浮力に合わせて板重りを調整すると良い。

ルアー釣り

海釣りで使うアジングやメバリング用タックルで十分である。

ロッドは6~8フィート前後、リールは小型スピニングリールかベイトリール、ラインはナイロン1号前後のものにリーダーはフロロの0.8号前後のものが使いやすい。
ルアー・餌 練り餌、サナギ、赤虫、2~3g前後のスプーンなど。

おすすめエリアトラウト(管理釣り場)用「スプーン」5選

公式チャンネル