ハマフエフキ (浜笛吹)

外観・内観写真

写真提供 : 榊原大地 様
写真提供 : 榊原大地 様
写真提供 : 仲間 和則 様
写真提供 : 仲間 和則 様
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ 前へ
次へ 次へ

概要

分類 スズキ目フエフキダイ科フエフキダイ属
別名 タマン、クチビ、タマミ、ハマフエフキダイ、シモフリフエフキなど
英名 Spangled emperor
由来 岸部寄りの「浜」に生息し、頭部口の形が「笛を吹いている」様に似ていることから由来する。

分布

千葉県以南~琉球列島

似ている魚との見分け方

フエフキダイ科の魚と混同されやすいが、本種は口の中が鮮やかな朱色で頭部に鱗が一切ないことから見分けることができる。

毒や危険性について

特になし。

食性

肉食性で小魚や甲殻類などを捕食する。

食味

捌き方
  1. 鱗をしっかりと取る。
  2. 頭を落とし、内臓を取り除く。
  3. 3枚おろしにして捌く。

鱗が大きいため、しっかりと丁寧に落とすこと。 3枚におろしてから用途に応じて皮引き等を行う。
料理 刺身、カルパッチョ、ムニエル、塩焼き、潮汁、煮付けなど(臭みの無い脂ののった上品な白身でどのような料理にも合う)。

釣りについて

釣り方

ブッコミ釣り

生息数は沖縄地方が圧倒的に多く、沖縄では人気のターゲットだ。

大型のものは90センチメートル近くにもなり引きも強烈で専用のタックルも販売されている。

沖縄では海岸のほとんどがポイントになり、ビーチや漁港から気軽に狙うことが可能である。

日中は沖にいて、夜間に浅瀬に寄って来るため夜釣りが良い。アタリがあってもすぐに合わせずに待ってから合わせるのがポイントである。
釣れる時期 年中狙えるが、5月~9月に大型を狙いやすい。
タックル

ブッコミ釣り

大型のものが釣れることが珍しくないため専用のタックルで臨むことを推奨する。

ロッドはタマン竿、もしくは5~10号程度の磯竿や石鯛竿が良く、リールは中型~大型スピニングリール、道糸はナイロン8~14号程度のもの、もしくはPE4~5号程度のものを使う。

ハリスはフロロ12号前後のものを1.5~3m前後取るのが理想である。
ルアー・餌 イカの短冊、サンマ、ムロアジの切り身、イカナゴなど。

公式チャンネル