コクチバス (小口鱒)

外観・内観写真

写真提供 : 山田隼 様
写真提供 : 山田隼 様
写真提供 : 大島康裕 様
写真提供 : 大島康裕 様
前へ 前へ
次へ 次へ

概要

分類 スズキ目サンフィッシュ科オオクチバス属
別名 バス、ブラックバス、スモールマウスバスなど
英名 Smallmouth bass
由来 オオクチバスに比べて口が小さいことからコクチバスになったとされる。

分布

北アメリカ原産の外来種であり、長野県、福島県、栃木県、山梨県などへ放流により移植されている。

似ている魚との見分け方

オオクチバスに似ているが、本種は主上顎骨後端が眼の縁を越えないことで見分けることができる。

違いは見た目だけじゃない! 「オオクチバス」と「コクチバス」の違い

毒や危険性について

特になし。

食性

強い肉食性で小魚や甲殻類、カエルなどを貪食する。

食味

捌き方
※ここでは同じ捌き方であるオオクチバスの捌き方を紹介する。
  1. ウロコを落とす。
  2. 頭を落とし、内臓を取り出す。
  3. 3枚おろしにする。
  4. 臭みの原因となる浮き袋の付け根にある脂を取り除く。
  5. 血合い骨を取り除く。

皮も臭みの原因となるため、取り除き丁寧に処理をすればおいしく食べることができる。
料理 唐揚げ、フライ、ムニエルなど。

調理法次第で美味しく食べられる! おすすめのブラックバス料理まとめ

釣りについて

釣り方

ルアー釣り

好奇心旺盛で食欲旺盛なため多種多様なルアーで釣ることができる。杭やテトラポッドなどの障害物や流れ込み、岸際などがポイントとなる。

連載 : 初心者のための「バス釣りの始め方」【第2回 釣り場の選択編】
バス釣りの基本知識! ブラックバスの習性【入門編】
春シーズン用ブラックバス攻略のためのルアーローテーション術
釣れる時期 年間を通して釣ることができるが、水温の下がる冬場は活性が下がり釣りにくくなる。

効率よくブラックバスが釣れるポイントを探す「野池」の開拓方法まとめ
タックル

ルアー釣り

スピニングタックル、ベイトタックルどちらでも釣ることができる。

ロッドは6.5フィート前後でML(ミディアムライト)からMH(ミディアムハード)程度のもの、ベイトリールの場合は100番程度、スピニングリールの場合は2000番程度のものを使うと良い。

ラインは、ナイロンかフロロカーボンのものが使いやすい。スピニングリールの場合は3〜5ポンド程度、ベイトリールの場合は14〜16ポンド程度の太さがおすすめである。

初心者向けおすすめのブラックバス用タックルまとめ
中級者向けおすすめブラックバス用タックルまとめ
上級者向けおすすめブラックバス用タックルまとめ
ベイトタックル初心者必見! 「ベイトリールへのラインの巻き方」をマスターしよう
ルアー・餌 ポッパー、ミノーなどのプラグ、スピナーベイトやバズベイトなどのワイヤーベイト、カーリーテールやカットテールのワームなど。

ブラックバスはこれで釣れる! ストレート系ワームの使い方とオススメ5選
編集部推薦!ブラックバス用ルアーランキングベスト10

公式チャンネル