テーマ別

トップページ>魚図鑑>>ホウボウ (魴鮄・竹麦魚)

ホウボウ (魴鮄・竹麦魚)

写真提供 : 上原二郎 様
写真提供 : 上原二郎 様
写真提供 : 兵動太一 様
写真提供 : 兵動太一 様
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類スズキ目ホウボウ科ホウボウ属
別名キヨ、キミヨ、キミウオ、カナガシラ、ドコなど
英名Sea robin
由来浮き袋で音(鳴き声)を出すことができ、その音が「ホウボウ」と聞こえるためと言われている。

分布

北海道南部以南

似ている魚との見分け方

カナガシラによく似るが、本種はウロコが無いと感じるぐらい細かくザラザラとした小さいウロコがあるのに対し、カナガシラはしっかり硬いウロコがある点が挙げられる。

また、カナガシラは胸ビレが小さく透明がかっているのに対し、本種の胸ビレは大きく、非常に鮮やかな色をしており斑点がある点からも判別できる。

毒や危険性について

毒はないが、口の先に鋭いトゲがあるので注意が必要である。

食性

肉食性で小魚や甲殻類、イソメなどの多毛類、イカなどを捕食する。

釣りについて

釣り方

船釣り

胴付き仕掛けで狙うのが一般的であり、専用で狙う船宿もある。

船の帆を立てずに横長しでの釣りが基本となる。

仕掛けを着底させ糸ふけを取りながら、1m前後エサを浮かせてアタリを待つ。底スレスレにエサがくるようにタナを設定しても良い。

アタリが無いようであればオモリで底を叩くようにシャクり、再び目的のタナへエサを誘導しよう。

ルアー釣り(船)

潮の動きが少ない時はタイラバなどの方に分があるとも言われている釣り方であり、タイラバやメタルジグで狙うのが一般的である。

ホウボウは普段、底を這うように行動しているため、縦のシャクリというよりも横にスライドさせるようなシャクリが有効である。

また、エサを付け替える必要がないため手返しは良いが、その時の水深や潮の強弱によって重さを変えていくのも釣果を伸ばすコツとなる。

魚なのに歩いてる!? 知られざる「ホウボウ」の水中の姿が激写される!
連載 : 初心者のためのタイラバの始め方【第1回 タイラバ(鯛ラバ)とは?】
釣れる時期冬場は沖に移動するため、8~1月が釣りやすい。
タックル

船釣り

船用タックル、専用タックルが良い。

ロッドは2.5m前後で40~120号のオモリを背負えるもの、リールは中型電動リールか中型両軸リール、ラインはPE3号前後が使いやすい。

仕掛けは専門の物が販売されているのでそちらを使おう。

外道でマダイやヒラメなどの大型魚が釣れることも多々あるため、予備の仕掛けを複数用意しておいたほうが良いだろう。

ルアー釣り(船)

タイラバ用ロッドが良い。

ロッドは6フィート前後で60~120号のタイラバを背負えるもの、リールは小・中型両軸リール、ラインはPE0.8~1号前後、リーダーはフロロカーボンの2~3号が使いやすい。

海底付近でのアクションを多様する釣り方なため、根がかりやライントラブルなどの問題を視野に入れ、リーダーやタイラバなどの予備を準備しておくと良い。

もう迷わない! タイラバ用ラインの「太さ・号数」の選び方
ルアー・餌サバやサンマの短冊、オキアミ、イソメ、ゴカイ、タイラバ、メタルジグなど。

コメント欄(Facebook)

公式チャンネル

  • ツリバカメラ
  • ハピソン
  • メジャークラフト