アカエイ (赤鱝・赤鱏)

外観・内観写真

写真提供 : tj 様
写真提供 : tj 様
写真提供 : tj 様
写真提供 : tj 様
前へ 前へ
次へ 次へ

概要

分類 トビエイ目アカエイ科アカエイ属
別名 エイ、エヒ、カスベ、アカエ、エブタ、ホンエイ、アカマンタなど
英名 Red stingray
由来 本種の長い尻尾が、柄付き枡の「柄(え)」に似ており、魚体が赤い色をしているためという説がある。

分布

北海道南部以南

似ている魚との見分け方

イズヒメエイと酷似しているが、本種の尾の腹側の皮は黒いことで見分けることができる。

※本種の尻尾には毒針があるため、確認する際には十分に注意するようにしよう。

毒や危険性について

尻尾のハリに「タンパク質毒」を持っており大変危険である。

ハリに刺されると、刺さった患部の細胞を破壊し、仕舞いには壊死を起こすと言われる。アレルギー体質の人はアナフィラキシーショックにより死亡することもある。

「タンパク質毒」は熱に弱く、70度近くのお湯で数分温めると毒が無効化すると言われているが、火傷の危険もあることから注意が必要である。そのため、火傷をしないぐらいの温度で患部を温めつつ、病院に向かうのが現実的といえる。

刺されると死の危険も!ウェーディングでのアカエイ対策まとめ

食性

肉食性で小魚や多毛類、甲殻類、貝類などを捕食する。

食味

捌き方
  1. タワシなどを使い両面のヌメリを丁寧に落とす。(塩を使っても良い)
  2. 左右のエイヒレ部分のみを切り落とす。
  3. 切り取ったエイヒレの皮をペンチなどを使い剥ぐ。
  4. 切り取り残った中心胴体部の切り口からキモを取り出す。

比較的大きいキモも美味しく食すことができるため、左右のエイヒレを切り取る作業時に、内臓を傷つけないように注意しよう。
料理 煮付け、刺し身、ムニエル、フライなど。

これで失敗知らず! 手軽な「煮魚」の作り方
釣ったら作ろう! 白身魚料理の定番「ムニエル」の作り方
釣魚で作ろう! スパイスで体も温まる「フィッシュカレー」の作り方

釣りについて

釣り方

ルアー釣り

浅い海の砂泥底に生息し、漁港や砂浜、河口などの汽水域でも釣ることができる。

水面付近を泳いでいることも多いが、体で覆い被さる様にエサを捕食するため、海底付近を意識したルアー選択が必要になってくる。

バイブレーションプラグでのリフトアンドフォールや底付近でのただ巻きなどが有効である。他にもメタルジグやジグヘッドワームなどを使用しても良い。

エイは遊泳能力に優れ、凄まじいパワーをもっているため、走り出すと止まらないことも多々ある。強引にファイトへ持ち込むとロッドが折れることもあるのでドラグ調整がキモとなってくる。

また、アカエイは毒針を持っているため十分に注意を怠らないようにしよう。ウェーディングで狙う際はエイガードやステッキなども装備しておきたい。

ウェーディングの釣りを快適にするおすすめアイテム5選
釣れる時期 高い水温を好むため、5~11月が釣りやすい。
タックル

ルアー釣り

エイを専門で狙うならば強めのシーバスタックル、ライトショアジギングロッドが代用可能だ。

堤防や港内であれば8フィート前後、河口やサーフであれば10フィート前後が目安となる。硬さはM(ミディアム)~MH(ミディアムライト)程度が良い。

リールは中型スピニングリール、ラインはPE1〜1.5号前後、リーダーはフロロカーボンの6号前後が使いやすい。
ルアー・餌 バイブレーション、メタルジグ、シンキングペンシル、シンキングミノーなど。

公式チャンネル