コノシロ (飯代魚)

外観・内観写真

この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ 前へ
次へ 次へ

概要

分類 ニシン目ニシン科コノシロ属
別名 コハダ、ツナシ、ヨナ、ドロクイ、オオイタ、シンコなど
英名 Dotted gizzard shad
由来 昔、飯の代わりになるくらい大量に獲れていたことから「コノシロ(飯の代)」という名前が付いたとされる。

分布

新潟県以南~琉球列島

似ている魚との見分け方

サッパに似ているが、本種の鰓の後方に黒点が並ぶこと、背鰭の最後の軟条が長く伸びていることなどから見分けることができる。

毒や危険性について

特になし。

食性

プランクトン食性で、珪藻やアミ類などを食べる。

食味

捌き方
  1. 鱗を丁寧に落とす。
  2. 3枚おろしにして捌く。

鱗が細かいので丁寧に落とすこと。 また、細かい骨なども用途に応じて取り除くこと。
料理 酢〆(小骨が多いため、酢で〆ることで骨を柔らかくする調理法が多い)、洗い、塩焼き、煮付け、唐揚げなど。

釣りについて

釣り方

サビキ釣り

群れが回遊してくると数釣りを簡単に楽しむことができ、各地の漁港や海釣り公園の人気ターゲットである。

回遊性の魚のため、いち早く群れを探す必要がある。手前まで寄ってきていれば仕掛けを落とすだけで良いが、ウキを使って沖目のタナを変えながら群れを探ることもできる。

これを読めば初心者でも釣れる! 手軽さNo.1の「サビキ釣り」の基本まとめ
目指せ爆釣! サビキ釣りで釣果を伸ばすコツ
釣れる時期 接岸してくる時期である、8~12月が釣りやすい。
タックル

サビキ釣り

磯竿やエギングタックル、シーバスタックルなど、サビキ仕掛けに耐え得る強度があればタックルは何でも良い。

ロッドは磯竿の3号程度のものや、8~9フィート程度のエギングロッドやシーバスロッド、リールは中型スピニングリール、ラインはナイロンやフロロの3~5号程度のものを使い、ウキは7~10号程度の浮力のものが使いやすい。
ルアー・餌 アミエビ、コマセなど。

公式チャンネル