テーマ別

トップページ>魚図鑑>>シロメバル (白眼張)

シロメバル (白眼張)

写真提供 : 服部伊吹 様
写真提供 : 服部伊吹 様
写真提供 : 新潟のてしさん 様
写真提供 : 新潟のてしさん 様
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類スズキ目メバル科メバル属
別名メバル、メマル、メバチなど
英名Rockfish
由来他魚種に比べて目が飛び出していることから「目が張る」が転訛し「メバル」になったとされる。

また、本種は他のメバル属に比べて体色が白いことからシロメバルと呼ばれる。

分布

岩手県以南~九州

似ている魚との見分け方

メバル属は種類が多く見分けるのが難しい。

外見で見分ける方法として胸ビレの軟条数が、A型は15本、B型は16本、C型は17本となっていることがありA型はアカメバル、B型はクロメバル、C型はシロメバルとされている。

アカメバルやクロメバルと違って、内湾や塩分濃度の低い環境にも生息する。

性質を知れば釣り分けも可能! 赤・白・黒、3種のメバルの釣り分け方

毒や危険性について

毒は無いが、鰭の棘や鰓蓋の棘が鋭いので注意すること。

食性

肉食性で小型の魚類や甲殻類、多毛類を捕食する。

釣りについて

釣り方

餌釣り

ブッコミ釣りや穴釣りで磯のゴロタ場やテトラの際を狙うと良い。ブラクリを使えば簡単にチャレンジできる。

とにかく広くポイントを探ることがコツであり、海藻や岩礁付近の中層を群れでホバリングしていることも多く、ボトムよりも中層を意識すると良い釣果につながることが多い。

誰でも簡単に根魚をゲット! 「穴釣り」のやり方まとめ

ルアー釣り

2インチ前後のワームを2g前後のジグヘッドに付けて使う。

ボトム付近を中心に探りながら、中層も意識しよう。潮通しのよいポイントなどでは大型も期待できる。

これを読めば初心者も釣れる! メバルの釣り方まとめ
高いゲーム性が魅力! 「メバルデイゲーム」のコツまとめ
初心者必見!メバリングで基本となる3つのルアーアクションパターン
アジングやメバリングで活躍! 小型ジグヘッドの自作方法
アジング・メバリングで使うリグの特徴まとめ
釣れる時期高水温を嫌う傾向にあり、12~3月が釣りやすい。
タックル

餌釣り

アジング、エギングタックルなどのライトタックルを代用できる。

ロッドは6~9フィート前後、リールは小型スピニングリールかベイトリール、ラインは1.5~2号程度のフロロかナイロンラインを使うと良い。

障害物が多い場所がメインフィールドとなり、根掛かりが多いのでリーダーは無い方が効率が良いこともある。

ルアー釣り

ロックフィッシュ用タックル、もしくはバスタックルが望ましい。

ロッドはロックフィッシュ用、もしくはバスロッドの6~8フィート前後、リールは小型スピニングリールかベイトリール、ラインはナイロンで2~3号程度のものを使うと良い。

初心者向けおすすめロックフィッシュ用タックルまとめ
初心者におすすめのロックフィッシュ用ロッド3選【実売1万円台】
初心者向けおすすめメバリング用タックルまとめ
中級者向けメバリング用おすすめタックルまとめ
ルアー・餌2インチ程度のワームや、小・中型ミノ―、カツオのハラモ(一番おすすめ)、モエビ、キビナゴ、サバやサンマの切り身、ゴカイなど。

冬がハイシーズン!初心者のための「メバリング」のやり方徹底解説
これでメバリングを攻略!各種メバル用ルアーの使い方と使い分け

コメント欄(Facebook)

公式チャンネル

  • ツリバカメラ
  • ハピソン
  • メジャークラフト