テーマ別

トップページ>魚図鑑>>イサキ (伊左幾・伊佐木・鶏魚)

イサキ (伊左幾・伊佐木・鶏魚)

写真提供 : Tomoki Sugakawa 様
写真提供 : Tomoki Sugakawa 様
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類スズキ目イサキ科イサキ属
別名イサギ、イセギ、イッサキ、エサキ、クロブタ、ウズムシなど
英名Chicken grunt
由来「イサ」は磯のことであり、「キ」は魚を意味すると言われている。

分布

東北地方以南

似ている魚との見分け方

シマイサキに似るが、本種よりクチが前に突き出した形になっており容易に判別可能である。

毒や危険性について

毒は無いが、アニサキスという虫が寄生していることがあるので注意が必要である。

釣った魚を食べるときは注意! 釣魚に潜む寄生虫「アニサキス」の恐怖と対策法

食性

肉食性で甲殻類や多毛類、小魚などを捕食する。

食味

捌き方

達人の技を見て学ぼう! 「イサキ」の捌き方
料理刺し身、バター焼き、塩焼き、アクアパッツァ、煮付け、揚げ物、汁物など。

釣りについて

釣り方

ビシ釣り(船)

容易な仕掛けで船からの数釣りを楽しむことができ、専用竿も販売されている。

目的のタナまで落としカゴのコマセが広がるように大きくシャクル動作を繰り返す。群れに当たれば、かなりの釣果が見込めるのもこの釣り方の醍醐味だ。

ウキフカセ釣り

旬の時期になるとイサキ専門の釣り人は夜釣りが主流であり、電気ウキを使用することも多い。

夜行性のため夜釣りメインであるが、日中でも狙える。エサを送り込み、マキエで寄せて一網打尽に数釣りを行うのが理想である。

タナは深めを狙うため、他魚種が食ってくる機会も多い。反応が無ければ小まめにタナを調整するのをおすすめする。
釣れる時期年中楽しめるが、4~8月が釣りやすい。
タックル

ビシ釣り(船)

船竿、専用竿が良い。

ロッドは2m前後で40号前後で、リールは中型両軸リール、中型電動リール、ラインはPE4号程度、片天秤にビシカゴの70号前後が使いやすい。

目的のタナまで仕掛けを落とし、コマセを出すために大きくシャクル動作を繰り返すゆえ、軽いタックルが望ましい。

ウキフカセ釣り

磯竿、専用竿が良い。

ロッドは5m前後の1.5~2号前後で、リールは中型スピニングリール、ラインはナイロン2号前後、ハリスはフロロの1.5号程度が使いやすい。深いタナを探るため半誘導タイプの仕掛けをおすすめする。

マダイと同じようなタナを探ることが多いため、マダイ用のウキや仕掛けでも代用可能である。
ルアー・餌オキアミ、イソメ、イカ、バケバリ、集魚材など。

コメント欄(Facebook)

公式チャンネル

  • ハピソン
  • メジャークラフト
フィッシュソープの公式サイトのバナー