テーマ別

トップページ>魚図鑑>>キチヌ(黄茅渟)

キチヌ(黄茅渟)

写真提供 : Tomoki Sugakawa 様
写真提供 : Tomoki Sugakawa 様
写真提供 : Yuto Ichikawa 様
写真提供 : Yuto Ichikawa 様
写真提供 : 古田暁祥 様
写真提供 : 古田暁祥 様
バイブレーションでヒット!!
バイブレーションでヒット!!
写真提供 : 唐澤基央 様
写真提供 : 唐澤基央 様
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類スズキ目タイ科クロダイ属
別名キビレ、キヂヌ、カワダイ、キチン、シオチヌ、ニタリなど
英名Yellow sea bream
由来クロダイは「茅渟(ちぬ)」の海で豊漁だったため西日本では「チヌ」と呼ばれ、そのクロダイに似ており、ヒレなどが黄色なことから「キチヌ」となったと言われている。

分布

北海道以南~琉球諸島

似ている魚との見分け方

よく似た魚には「クロダイ」と「ヘダイ」がいる。

「キチヌ」は四国から九州にかけて個体数が多く、腹鰭、尻鰭、尾鰭の先端が黄色いことで判別することができる。
また、「クロダイ」は背鰭の基部から側線までの鱗の数が6~7枚であるのに対して、「キチヌ」は4枚と少ない。

「ヘダイ」は「キチヌ」と比べて吻部が丸みを帯びているのが特徴となる。さらに「ヘダイ」の体色は全体的に淡青色がかった銀灰色であるので判別は容易である。

また、琉球列島以南には「クロダイ」は生息せず、「ナンヨウチヌ」や「ミナミクロダイ」といった他のクロダイ属の魚が生息する。

どっちか分かる? 「チヌ」と「キビレ」の見分け方

毒や危険性について

毒はないが、貝類を嚙み砕くほどのゴツゴツした歯と強い顎の力を持つため注意が必要である。

また、調理等の際には他のスズキ目魚同様に各鰭の鋭い棘には注意したい。

食性

雑食性であり、基本的には海底の甲殻類や貝類、ウニ類などを強い顎の力で噛み砕いて食べているが、他にも海藻類や小魚も捕食する。

また、悪食であるため人が捨てたカボチャやスイカの皮、イモ類、果物なども捕食する。

食味

捌き方
※ここでは、形状が似ているクロダイの捌き方を紹介する。
  1. ウロコを丁寧に剥がす。
  2. 3枚おろしで捌く

地域によって磯臭い場合があるので、下処理は早めに行いたい。

持ち帰って食べるなら必修科目! チヌ(クロダイ)の「神経締め」の正しいやり方
料理刺身、洗い、塩焼き、煮付け、炊き込みご飯、ムニエルなど。

釣ったら作ろう! 白身魚料理の定番「ムニエル」の作り方

釣りについて

釣り方

フカセ釣り

ウキ釣りの一種で、オキアミ、パン粉、集魚剤などを混ぜ合わせたコマセを撒いて魚を誘い出す釣法のひとつ。
コマセの中に針の付いたサシエを紛れ込ませて、魚を騙す。

釣れない時は、サシエの漂わせ方をウキやオモリでタナを変えて調整したり、コマセの撒き方を工夫する必要があり、奥の深い釣りである。

紀州釣り

和歌山(紀州)発祥の釣法で、針のついたサシエの周りを集魚剤で団子状に固めて、水中に落とし込む釣りである。

ウキは用いる場合と用いない場合があり、地域によって主流のスタイルが違う。

特に餌盗りの多い夏場に強い。

落とし込み釣り

イガイ(カラス貝)やカニ、ゴカイなどを針につけた仕掛けを堤防の際に落とし込む釣法のひとつ。

堤防の際を歩き回りながらクロダイを狙う攻めの釣りであるため、比較的ヒット率が高い釣りである。

また、リールは「太鼓リール」と呼ばれる専用のものを用いることが多い。

夏が最盛期! チヌのヘチ釣りで大物を狙おう!

ルアー釣り

ルアー釣りの場合は「チニング」と呼ばれる。

大きく分けて「トップゲーム」と「ボトムゲーム」があり、一般的にはデイはトップゲーム、ナイトはボトムゲームである。

トップゲームの場合はポッパーやペンシルベイトなどを操り、バイトシーンを直接見ることのできる迫力のあるフィッシングが楽しめる。

ボトムゲームの場合はラバージグやソフトルアーを使って甲殻類を意識する。チニング初心者の場合はこちらから挑戦してみることお勧めする。

迫力のバイトシーンを見よう! チヌのトップウォーターゲーム入門まとめ
夏におすすめ! トップウォーターゲームで釣果を伸ばす5つのコツ
釣れる時期季節を問わずに狙うことができ、春は産卵期で大型が狙いやすい。

秋から冬にかけてはエサ取りが減る為、撒き餌を用いた釣りには絶好のシーズンだ。

チヌを釣りたいならここに注意! 夏が最盛期のチヌゲーム攻略法まとめ
タックル

フカセ釣り

磯竿の1.0号~1.5号で、5m超のものが扱いやすい。

リールに関してはスピニングリールの2000番~2500番程度が目安となる。
磯釣りの場合はレバーブレーキ機能が付いたものをおすすめしたい。
道糸はナイロン2号程度、ハリスは1.5号を基準にする。

紀州釣り

基本的にはフカセ釣りのタックルでも流用できるが、理想はやや短め(4.5m前後)の磯竿が好ましい。

リールに関してはスピニングリールの2000番~2500番程度が良い。
磯釣りの場合はレバーブレーキ機能が付いたものが推奨される。

道糸はナイロン2号程度、ハリスはフロロカーボンの1.5号程度を基準にする。

落とし込み釣り

竿は通常の磯竿では長すぎ、かつ柔らかすぎるため専用の竿が推奨される。
専用竿の中でも4m前後の長さがポピュラーで、様々な状況に対応できる。

やはりリールも専用の太鼓リールが望ましく、道糸はナイロン2号前後、ハリスも2号前後が目安になる。

ルアー釣り

専用タックルも多く販売されているが、柔らかめで、短めのシーバスロッドで代用できる。
具体的にはロッドパワーはL~M程度、長さは8ft以下が理想だ。
ロッドの性能は特にトップウォータープラグの操作性に影響する。

リールは2000番~2500番(C3000番)で、ラインはPE0.6号~1.0号にフロロカーボンのリーダーを10lb前後のものが使いやすい。

チヌをルアーで釣るならこれ! おすすめのチヌゲーム専用ロッド5選
連載:初心者のための「チニング」の始め方【第2回 チニング用ロッドの選び方】
連載:初心者のための「チニング」の始め方:【第3回 リールとラインの選び方】
ルアー・餌オキアミ、コーン、サナギ、各種集魚剤、シラサエビ、ゴカイ類、カニ、カラス貝、ポッパー、ペンシルベイトなど。

連載:編集部員おすすめチヌ用ルアー【第1回 オーシャンルーラー チャター波動チヌ】
連載:編集部員おすすめチヌ用ルアー【第2回 ダイワ T.D. ソルトポッパー R65F】
連載:編集部員おすすめチヌ用ルアー【第3回 シマノ ブレニアス ネガカリノタテ】
連載:初心者のための「チニング」の始め方【第4回 チニング用ルアーの選び方】

コメント欄(Facebook)

公式チャンネル

  • ハピソン
  • メジャークラフト