ジンドウイカ (神頭烏賊)

外観・内観写真

写真提供 : 釣り人まーちゃん 様
写真提供 : 釣り人まーちゃん 様
写真提供 : わたなべ ひろゆき 様
写真提供 : わたなべ ひろゆき 様
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ 前へ
次へ 次へ

概要

分類 ツツイカ類ヤリイカ科ジンドウイカ属
別名 ヒイカ、コイカ、ワカイカ、ケンイカ、マメイカなど
英名 Japanese squid, Winter squid
由来 矢の先の部分「鏃(やじり)」の形の一つである「神頭(じんどう)」に容姿が似ているために名付けられたという説がある。全国的には「小イカ」という名前で知られているが、ヒイカ、アカイカ、ケンイカ等と呼ぶ地域もあり、また小さくずんぐりしているからか「ぼうずイカ」などと呼んでいる地域もある。

分布

北海道以南の日本沿岸~東シナ海

似ている魚との見分け方

胴の長さは成熟した個体でも10cm程度と小型で、エンペラが胴の半分近くを占めているのが特徴。近縁種との区別は非常に難しく、触腕の先にある吸盤の形や大きさなどを詳しく調べてなければ判別できない。

毒や危険性について

毒は無いが、アニサキスという虫が寄生していることがあるので注意が必要である。

釣った魚を食べるときは注意! 釣魚に潜む寄生虫「アニサキス」の恐怖と対策法

食性

肉食性で小魚やオキアミ類、クラゲノミ類と呼ばれる浮遊性の小型甲殻類などを捕食する。

食味

捌き方 ※ここでは、形状が似ている他のイカの捌き方を紹介する。
  1. 胴体の内側に指を入れて内臓と胴がついている部分を外す。
  2. イカの背中部分にある軟骨をしっかり持って、折れないように胴から引き抜く。
  3. 胴の中に指を入れて、奥に残ったワタをかき出すように水で洗う。
  4. 胴体についた水分を丁寧に拭き取る。
  5. イカの頭にある三角のヒレ(みみ)と胴の間に指を入れ、胴の先を持って引き剥がす。
  6. 残りの皮を取り除く。みみについた皮も取り除こう。
  7. 胴の中に包丁の先端を入れて、イカの身を切り開き、内側に残った繊維状のものを取り除く。

体表の滑りをブラシなどでしっかり落としてから捌く。胴体と頭を切り離すときに墨袋を破らないように注意が必要だ。

釣ったら食べよう! どんな種類にも対応可能な「イカの捌き方」
料理 刺し身、天ぷら、フライ、煮付け、一夜干し、塩辛、イカ飯など。

たくさん釣れたときの保存にも! 「イカの一夜干し」の作り方
釣ったら作ろう! 「イカの酒盗」の作り方
釣ったイカで作ろう! 「イカ飯」の作り方

釣りについて

釣り方

餌釣り

産卵期が11〜4月のため、この時期に接岸することが多く、常夜灯がある漁港なら大半がポイントとなり得る。夜釣りがメインで、常夜灯下を泳いでいる姿を目視で確認することもできる。

餌はモエビを使い、仕掛けは市販のものを買うことをおすすめする。

釣り方に関してはウキ釣り、ミャク釣りと基本的に何でもよく、しっかりとタナを考えて探っていけば簡単に釣ることができる。

エギング

イカ自体が小さいので小型のエギを使うのがポイントとなる。

もうひとつのポイントは、ボトムをしっかりと探ること。ジンドウイカはそもそもボトムにいることが多く、表層にシーバス等の捕食者がいるとボトムに逃げるため、そのようなイカを狙おう。

エギをしっかり着底させ、小さく数回シャクって、ラインテンションをかけたままフォールさせる。シャクリ幅は小さく、ルアーのトゥイッチのような動きだけで十分。

フォール中や着底の間際にエギを抱いてくることが多いので、ラインの動きや穂先に集中しておく。テンションフォール後、着底したら再度シャクってフォールを繰り返そう。

アタリがなければ、シャクリ回数を多くしてレンジを変えたり、投入ポイントを変えてみたりと工夫が必要だ。

誰でも連発可能! 初心者にも釣りやすい「ヒイカ」の釣り方まとめ
釣れる時期 産卵期に接岸することが多いため、11〜4月が釣りやすい。
タックル

餌釣り

チョイ投げ用ロッドなど穂先感度が良く、軽い竿ならどのようなものでも良い。

ロッドは4m前後のスピニングロッド、リールは小・中型スピニングリール、ラインはナイロン2号前後が使いやすい。

モエビ(シラサエビ)を活餌として使った釣り方が良く釣れる。活きエビが良く釣れるので、生かしておくための道具の準備も必要となる。

エギング

本格的なエギングのテクニックを必要としないため、扱いやすいロッドならば何でも実釣可能。もちろんエギングタックルで臨んでもよいが、アジングタックル、メバリングタックルなどどんなタックルでも釣ることができる。

ロッドは8フィート前後のスピニングロッド、リールは小型スピニングリール、ラインはPE0.6号前後、リーダーはフロロカーボンの3〜4ポンド前後が使いやすい。

エギをフォールさせ底を取る釣り方ゆえ、根がかりも考慮し予備のリーダー等を準備しておくことをおすすめする。
ルアー・餌 モエビ、エギ(1.5〜2.0号)など。

これだけ読めばすべて分かる「エギの選び方」まとめ

公式チャンネル