テーマ別

トップページ>魚図鑑>>ヤリイカ (槍烏賊)

ヤリイカ (槍烏賊)

写真提供 : 工藤宏 様
写真提供 : 工藤宏 様
写真提供 : 古田暁祥 様
写真提供 : 古田暁祥 様
写真提供 : Shinya Abe 様
写真提供 : Shinya Abe 様
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類ツツイカ目ヤリイカ科ヤリイカ属
別名ケンサキイカ、ササイカ、ケンイカなど
英名Spear squid, Sea arrow, Inkfish
由来胴が細長く、先端が尖っている姿が槍に似ていることから由来する。

分布

北海道南部以南の日本各地、朝鮮半島、東シナ海、黄海

似ている魚との見分け方

ケンサキイカに似るが本種の胴は全体的にほっそりしており足は細く短い。また、ケンサキイカは2本の触手が胴と同じくらい長い。

毒や危険性について

毒は無いが、アニサキスという虫が寄生していることがあるので注意が必要である。

釣った魚を食べるときは注意! 釣魚に潜む寄生虫「アニサキス」の恐怖と対策法

食性

肉食性で小魚やオキアミ類、クラゲノミ類と呼ばれる浮遊性の小型甲殻類などを捕食する。

食味

捌き方
  1. 胴体の内側に指を入れて内臓と胴がついている部分を外す。
  2. イカの背中部分にある軟骨をしっかり持って、折れないように胴から引き抜く。
  3. 胴の中に指を入れて、奥に残ったワタをかき出すように水で洗う。
  4. 胴体についた水分を丁寧に拭き取る。
  5. イカの頭にある三角のヒレ(みみ)と胴の間に指を入れ、胴の先を持って引き剥がす。
  6. 残りの皮を取り除く。みみについた皮も取り除こう。
  7. 胴の中に包丁の先端を入れて、イカの身を切り開き、内側に残った繊維状のものを取り除く。

体表の滑りをブラシなどでしっかり落としてから捌く。胴体と頭を切り離すときに墨袋を破らないように注意が必要だ。

釣ったら食べよう! どんな種類にも対応可能な「イカの捌き方」
料理刺し身、一夜干し、焼き物、フライ、ルイベ、イカ飯、スルメ、塩辛など。

釣ったイカで作ろう! 「イカのルイベ」の作り方
釣ったイカで作ろう! 「イカ飯」の作り方
干して長持ち!スルメの作り方と豆知識
釣ったら作ろう! 「イカの酒盗」の作り方

釣りについて

釣り方

エギング

エギは2~3号程度をメインに使用する。

エギをしっかり着底させ、小さく数回シャクって、ラインテンションをかけたままフォールさせる。シャクリ幅は小さく、ルアーのトゥイッチのような動きだけで十分である。

フォール中や着底の間際にエギを抱いてくることが多いので、ラインの動きや穂先に集中しておく。テンションフォール後、着底したら再度シャクってフォールを繰り返そう。

アタリがなければ、シャクリ回数を多くしてレンジを変えたり、投入ポイントを変えてみたりと工夫が必要だ。

餌釣り

代表的なのは「スッテ」と呼ばれる専用の仕掛けに、鶏のササミやキビナゴなどをエサとして付けて釣る方法である。

特にエギにスレて反応しなくなったヤリイカでもしっかりと抱いてくる。エサのササミはスッテの大きさに合わせてカットし、スッテの台に載せてから付属の針金で巻き付けてセットする。

仕掛け自体は3号前後の磯竿と中型スピニングリールを用意し、遊動の電気ウキ仕様が基本となる。
釣れる時期一般的には12月~3月が釣りやすい。
タックル

エギング

シーバスロッドでも良いが、とりわけエギングロッドが良い。

ロッドは7〜8フィート前後、リールは小・中型スピニングリール、ラインはPE0.8号前後、リーダーは3号前後が使いやすい。

シャクリを繰り返す釣りのため、軽めのタックルを用意することをおすすめする。エギで底を取る際に根がかりをする可能性も考え、リーダーなどの予備を準備しておくと良い。

餌釣り

磯竿が良い。

竿は3号前後の磯竿、リールは中型スピニングリール、ラインはナイロン3〜5号程度、リーダーはフロロカーボン2〜3号程度が使いやすい。

目的のタナまで落とし終日シャクル作業を繰り返すため、なるべく軽いタックルを選ぶと良い。
ルアー・餌スッテ、エギ、ササミ、キビナゴなど。

コメント欄(Facebook)

公式チャンネル

  • ハピソン
  • メジャークラフト
フィッシュソープの公式サイトのバナー