テーマ別

トップページ>魚図鑑>>アオノメハタ(青之目羽太)

アオノメハタ(青之目羽太)

この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類スズキ目ハタ科ユカタハタ属
別名ヤーラミーバイ、ワラミーバイなど
英名Peacock hind
由来目のような青い斑紋があるためと言われている。

分布

八丈島、和歌山県以南の太平洋岸、琉球列島

似ている魚との見分け方

体側に黒く縁取られた青色小斑があるといった点が特徴的である。特にスジアラと特徴が似るが、魚体の色が明らかに違うので容易に判別が可能だ。

毒や危険性について

シガテラ毒を持っている個体がいる可能性があるので注意が必要である。

シガテラ毒は神経毒で、フグの毒の数十倍強いと言われており、中毒症状は下痢、嘔吐、筋肉痙攣、血圧低下、ドライアイスセンセーションなどが挙げられる。

このような症状が発症したら至急病院に急行し、専門の治療を受けること。

食性

肉食性で小魚や甲殻類などを貪食する。

食味

捌き方 ※ここでは、形状が似ているアカハタの捌き方を紹介する。
  1. 丁寧にウロコを取る。
  2. 3枚おろしで捌く。

アオノメハタは歯とヒレが鋭いため素手で触る際は注意が必要である。
料理煮付け、焼き物、フライなど。

釣って楽しい、食べて美味しいロックフィッシュの美味しい調理法まとめ

釣りについて

釣り方

ルアー釣り

浅瀬で積極的にルアーを追うためリーリングの釣りが良い。

サンゴ礁、岩礁帯でライトルアーゲームで狙うことができる。アオノメハタは障害物の周りに多く生息しているので根がかりに注意が必要だ。

釣り始めは根がかりが少ないポッパーなどのトップウォーターで攻めるのをおすすめしたい。
釣れる時期冬場は活動が鈍るため、5~10月が釣りやすい。
タックル

ルアー釣り

ライトゲームロッド、エギング・シーバスロッドなどが良い。

ロッドは7~10フィートのML(ミディアムライト)程度のスピニングロッドかベイトロッド、リールはスピニングリールだと2500番程度かベイトリール、ラインはPE0.6~1.5号程度が使いやすい。リーダーは16~25ポンド前後が使いやすい。

障害物の多い場所がメインフィールドとなるためあるリーダーは少し長めにセットするのが望ましい。

初心者向けおすすめロックフィッシュ用タックルまとめ
上級者向けロックフィッシュ用おすすめタックルまとめ
ルアー・餌小型のミノー、スプーン、バイブレーション、メタルジグ、ポッパー、ペンシル、ワームなど。

コメント欄(Facebook)

公式チャンネル

  • メジャークラフト