ロウニンアジ (浪人鯵)

外観・内観写真

写真提供 : 本田和也 様
写真提供 : 本田和也 様
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ 前へ
次へ 次へ

概要

分類 スズキ目アジ科ギンガメアジ属
別名 ガーラ、カマジー、カマジャー、ヒラアジ、エバ、GT、メッキなど
英名 Giant trevally
由来 大きくなると群れを作らず単独行動するため、大型個体を浪人武士に見立てたためと言われている。

分布

南日本太平洋岸、琉球列島、小笠原 幼魚は死滅回遊魚として関東方面まで分布。

似ている魚との見分け方

本種はギンガメアジ属で最大種である。

体色は灰白色~黒色で体高が高く、吻背縁の落ち込む角度が急という点で他のギンガメアジ属の魚と見分けることができる。

毒や危険性について

老成魚はシガテラ毒の危険性がある。

シガテラ毒は神経毒で、フグの毒の数十倍強いと言われており、中毒症状は下痢、嘔吐、筋肉痙攣、血圧低下、ドライアイスセンセーションなどが挙げられる。

このような症状が発症したら至急病院に急行し、専門の治療を受けること。

食性

肉食性で小魚、甲殻類、イカなどを捕食する。

食味

捌き方 ※ここでは、形状が似ているシマアジの捌き方を紹介する。
  1. ウロコを剥がす(すき引きでも良い)。
  2. 頭を落とす。
  3. 3枚おろしでさばく。

ウロコが細かく取りづらい場合はスチールタワシを使うと便利である。
料理 刺し身、汁物、揚げ物など。

釣りについて

釣り方

ルアー釣り

陸、船どちらかでも楽しめる。主にトップウォータープラグを竿で箒で掃くよう動かし、ルアーが水飛沫を生じるようにして誘い出す。

ナブラが発生した際は、水面を通すことを意識しての早巻きかフォールでバイトが多い。

泳がせ釣り(船)

トローリングとスタンディングの2種類あるが、最近ではスタンディングでの泳がせつりが主流になりつつある。

活餌は活きのいいムロアジなどが良い。ロウニンアジは想像を絶するパワーを持っているため、活餌を食わせてからは力と力のみのファイトといっても過言ではない。
釣れる時期 高い水温を好むため、3~11月が釣りやすい。
タックル

ルアー釣り

GTまたは大型青物用ロッドが良い。

ロッドは9~12フィート前後、船からなら8フィート前後、リールは剛性のある大型スピニングリール、ラインはPE10~15号前後、リーダーはナイロンまたはフロロカーボン150ポンド前後が使いやすい。

強烈な引きで根ずれの危険性があるため強いタックルを使用することをおすすめしたい。リーダーなどの予備を準備しておくこと。

泳がせ釣り(船)

GTまたは大型青物用ロッドが良い。

ロッドは9フィート前後、リールは剛性のある大型スピニングリール、大型両軸リール、ラインはPE10~15号前後、リーダーはナイロンまたはフロロカーボン80ポンド前後が使いやすい。

強烈な引きで根ずれの危険性があるため、強いタックルを使用することをおすすめしたい。リーダーなどの予備を準備しておくこと。
ルアー・餌 GT用ポッパー、ペンシル、大型ミノー、メタルジグ、ムロアジの活餌など。

公式チャンネル