テーマ別

トップページ>魚図鑑>>クロマグロ(黒鮪)

クロマグロ(黒鮪)

  • 写真提供 : 局田有 様

前へ前へ

次へ次へ

概要

分類スズキ目 サバ科 マグロ属
別名ホンマグロ、シビ、クロシビ、ヨコ、ヨコワ、メジ、メジマグロ、ハツ、シンコ、ヨコカワ、ヒッサゲなど
英名Pacific bluefin tuna
由来背中が黒い事から、または身肉が赤黒く見えることから由来する。マグロという名前の由来に関しては、目が黒い(眼黒)が変化した説と、泳ぐ姿が上から見ると黒く見えるからと言われている。

分布

日本沿岸、太平洋の熱帯・温帯海域

似ている魚との見分け方

クロマグロと間違えやすい種類としてはキハダマグロ、コシナガマグロが挙げられる。

キハダマグロは、各鰭に黄色みが強く第2背鰭と尻鰭が長くなっており、体側にも黄色く鮮やかに発色したラインがある。この黄色い発色は幼魚であっても確認することができ、見分けは比較的容易だ。

コシナガマグロは身体が流線型で胸鰭が長い事が特徴。幼魚が特に見分けが難しいが、上記の点に注意することで判別可能である。

毒や危険性について

特になし。

食性

肉食性でイワシ、トビウオ、サンマ、小型のシイラ、ヒラマサ等の魚類、甲殻類、イカ等を日中に捕食するが、夜間は捕食しないと言われている。

食味

捌き方
  1. 胸鰭の裏から、包丁の真ん中辺りを斜めに、魚の目上まで刃先を入れる。
  2. 腹鰭を避けるように、包丁の刃先を向きを変えるようにしてまわし、腹の切れ目までを断ち切る。両側行う。
  3. 片手でエラ部分を掴み、背面に引き上げる。もう片方は身の部分を持ち押さえておく。
  4. 背鰭に添って薄い皮部分を切るようにして背鰭をとる。
  5. 背中側から、残った背鰭の両脇部分から切れ目を入れ、2度3度と中骨に向かって刃先が中骨に当たるように深く切り込んでいく。
  6. 腹側からも同様に、腹鰭の両脇から切れ目を入れ、中骨に向かって切り込んでいく。
  7. 魚の側面、中骨の真上から4つに切り分けていく。中骨に沿って切り込んでいく。繋ぎになっている尾鰭の皮を切り、反対面も行い4つにバラす。
  8. 切り身から皮を剥ぐ。皮を下にして、皮と身の間に包丁を入れ包丁は側面をまな板に押し付けるようにして上下に動かしながら切り進んでいく。
  9. 皮を切り落とした身を半分に切り血合いをとる。

大型のマグロは、家庭の包丁では裁くことが難しいため鮮魚店で依頼するか、馴染みの店に依頼するのが望ましい。また、遊漁船の船長がバラしてくれる場合もある。
料理刺し身、たたき、揚げ物、ステーキ、ユッケ、づけ丼、兜焼きなど。

スーパーで買った安いマグロもこれで美味しく! マリネで柔らか「マグロステーキ」のつくり方
スーパーで買った安いマグロもこれで美味しく! 簡単・オシャレな「マグロユッケ」のつくり方
刺し身が余ったら漬け込もう! 絶品「づけ丼」の作り方

釣りについて

釣り方

キャスティング(船釣り)

主にトップウォータープラグを竿で箒で掃くよう動かし、ルアーが水飛沫を生じるようにして誘い出す。

ジギング(船釣り)

船べりからメタルジグを底まで落とし、しゃくり上げでルアーを動かし魚を誘う釣り方。

泳がせ釣り(船釣り)

ジギングと同様に船べりから餌を放つが、誘い等は餌任せでバイトを待つ釣り方。

ショアジギング(プラッキング)

岸からルアーで狙う場合は、基本的には沖に向かってジグやプラグを投げ狙う釣り方となる。 メタルジグを使用する場合、キャストして底から中層をとり、しゃくりながら巻いて魚を誘う。

プラグはトップウォータープラグが有効で、竿を箒を掃くように動かし、ルアーが水飛沫を立てるようにして誘い出す。

その他、ミノー等であれば早巻きが有効だ。ナブラが発生した際は、水面を通すことを意識しての早巻きかフォールでバイトが多い。
釣れる時期地域にもよるが年中狙うことが可能である。
タックル

キャスティング(船釣り)

専用ロッドが良い。

ロッドは8フィート前後、リールは大型スピニングリール、ラインはPE6~12号前後、リーダーはナイロン140~180ポンドまたはフロロカーボン130~180ポンド前後が使いやすい。

ジギング(船釣り)

ヒラマサ用ジギングモデル、または専用ロッドが良い。

ロッドは6フィート前後、リールは大型のスピニングリール・大型両軸リール、ラインはPE5~7号前後、リーダーはナイロンまたはフロロカーボン80~100ポンド前後が使いやすい。

泳がせ釣り(船釣り)

泳がせ専用竿(グラス性)が良い。

ロッドは6フィート前後、リールは大型の電動リール・大型両軸リール、ラインはPE8~12号前後、リーダーはナイロンまたはフロロカーボン80~100ポンド前後が使いやすい。

ショアジギング(プラッキング)

専用竿が良い。

ロッドは8~10フィート前後、リールはリールは大型のスピニングリール、ラインはPE5~8号前後、リーダーはフロロカーボン60~80ポンド前後が使いやすい。
ルアー・餌ダイビングペンシル、シンキングペンシル、トップウォータープラグ、ジグミノー、ミノー、メタルジグ、ヤリイカ、スルメイカ、イワシ、サバ、アジ、青物の未成魚など。

コメント欄(Facebook)

公式チャンネル

  • メジャークラフト