トップページ>魚図鑑>ヤマメ (山女魚)

ヤマメ (山女魚)

写真提供 : 紺野茂 様
写真提供 : 紺野茂 様
写真提供 : 江原和則 様
写真提供 : 江原和則 様
写真提供 : 池田栄喜 様
写真提供 : 池田栄喜 様
写真提供 : 田島敬浩 様
写真提供 : 田島敬浩 様
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類サケ目サケ科サケ属
別名ヤマベ、エノハ、コクレ、コサメ、シケ、シマメなど
英名Land locked trout
由来「め」は魚を表す語尾で山にいる魚という意味から由来する。

分布

北海道、神奈川県・山口県以北の本州、大分県・宮崎県をのぞく九州

似ている魚との見分け方

ヤマメはサクラマスの陸封型であり、陸封された個体の体側には銀色地に淡青色のパーマークと呼ばれる楕円形の斑紋が並ぶ。

また、ヤマメの亜種であるアマゴとは体側に朱点がないことで見分けられる。

毒や危険性について

毒はないが、天然魚の生食は寄生虫に注意が必要である。

食性

動物食性で小魚や甲殻類、昆虫などを捕食する。

食味

捌き方
※塩焼きにすることが一般的なため、ここでは内臓の取り方を紹介したい。
  1. 割り箸を用意する。
  2. 割り箸をヤマメの口に刺し込み、内臓が巻きつくように回す。
  3. 内臓が巻きついたら、ゆっくりと引き出す。

内臓が破けないように注意して差し込もう。
料理塩焼き、から揚げなど。

釣りについて

釣り方

ミャク釣り

渓流でのミャク釣りが有名である。

上流から川の流れに馴染むようにエサを底付近に流すのがコツとなる。

流れの流心と弱くなっている境目(ヨレ)でヒットすることが多いため、境目(ヨレ)に上手く流そう。

ルアー釣り

近年、人気を博している釣り方である。

シンキングミノー、フローティングミノー、スプーンなど様々なルアーをチョイスし楽しむことができ、キャストの方向も上流・下流・平行など戦略を立て、その日のヒットパターンを探そう。

主に川の最上流部に生息する警戒心の強い魚のため、自身の存在に気づかれないよう慎重に釣ることも重要となってくる。
釣れる時期春から秋ごろがシーズンだ。

一般的に10月~2月は禁漁期となっているため注意が必要になる。

渓流釣りの「禁漁期間」に関する基礎知識まとめ
タックル

ミャク釣り

渓流竿を使うのが主流となる。

竿は釣り場に合わせた3.5~6m前後の渓流竿、道糸ナイロン0.3~0.8号前後、ガン玉5号~3B程度、針5~8号程度が使いやすい。

仕掛けに関しては地域独自のものなど多種多様なので、自身に合うものを見つけよう。

ルアー釣り

専用ロッド、トラウト用ロッドが良い。

ロッドは4~6フィート前後の渓流用、リールは小型スピニングリールもしくはベイトフィネス用のもの、ラインはナイロン3~5ポンド程度が使いやすい。

細いラインを使用するのが主流となるため、岩などの擦れからくるラインブレイクには注意が必要となる。
ルアー・餌ルアー:5cm程度のヘビーシンキングミノー、スピナーなど。

餌:カゲロウ類・クロカワムシ等の川虫を現地調達、イクラ、ミミズ、ブドウムシなど。

トラウトゲームでこれだけは持っておきたい、おすすめ渓流用ミノー5選

公式チャンネル

  • アルカジック
  • アルファタックル
  • ジャクソン
  • ツリバカメラ
  • テイルウォーク
  • メジャークラフト