テーマ別

トップページ>魚図鑑>>アナハゼ(穴鯊・孔鯊)

アナハゼ(穴鯊・孔鯊)

写真提供 : 神田新司 様
写真提供 : 神田新司 様
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類カサゴ目カジカ科アナハゼ属
別名グズ、シンジャノマラ、スイコ、チンポダシ、チンポハゼ、トビハゼ、ドギマラ、ヘヒリ、ボッカ、マラスイ、モシブリなど
英名Perch sculpin
由来海岸の岩の間にいるためと言われている。

分布

北海道以南

似ている魚との見分け方

アサヒアナハゼに似ているが、アサヒアナハゼと比べ尾柄が細く、下顎覆面に斑紋は無い。また体側下部に不定形な白紋が無いことから判別できる。

毒や危険性について

特になし。

食性

肉食性で小魚や甲殻類などを捕食する。

食味

捌き方 ※ここでは、形状が似ているハゼの捌き方を紹介する。
  1. 体表の滑りを落とす。
  2. 背開きで捌く。

体表に滑りがありウロコも無く、魚体も小さいため捌く時には注意が必要である。
料理天ぷら、煮付け、汁物など。

釣りについて

釣り方

ちょい投げ釣り

ちょい投げ釣りは20~30mほどしか投げない釣りなので、使用する釣具はあまりこだわらなくても大丈夫だ。ワカサギ用竿やテンカラ竿などの特殊な竿以外ならおおよそ流用できるので、手持ちの道具で始めてもいいだろう。

日中でも狙うことができ、流れ込み、海草のかげ、障害物など変化のある場所がポイントとなる。底を攻める釣り方なので根がかりには注意が必要だ。

堤防や漁港で気軽に楽しめる「ちょい投げ釣り」の始め方
持っておくと便利!ちょい投げ釣りに役立つおすすめのアイテム5選

穴釣り

テトラなどの穴へルアー(ワーム)やエサ(ブラクリなどを使用)を落とすだけの簡単な釣りなため、6フィート前後の竿であればどのようものでも転用可能である。

日中でも狙うことができ、潮の流れがある穴がベストポイントであるが、基本的にテトラなどの穴であればどこでも期待することができるのが穴釣りの良さである。
底を攻める釣り方でもあるので根がかりには注意が必要だ。

テトラ周辺で宝探し! カサゴやメバルが釣れる「穴釣り」のやり方 
釣れる時期冬場は活動が鈍るため6~9月が釣りやすい。
タックル

ちょい投げ釣り

手持ちのタックルで流用できる。

ロッドは2~3m程度でティップ部分が柔らかいもの、リールは3000番前後のスピニングリール、ラインはPE0.8~1号程度、ナイロンだと2~3号が前後が使いやすい。

仕掛けは、直ぐに使えるちょい投げ用のものが販売されているのでそちらをおすすめする。

穴釣り

手持ちの6フィート前後の竿を流用できる。

ロッドは6フィート前後、リールはスピニングリール2000番程度、小・中型ベイトリール、ラインはフロロカーボンの6ポンド程度が使いやすい。
3g程度のジグヘッドやブラクリをおすすめする。
ルアー・餌イソメ、ゴカイなどの虫餌、味付きワームなど。

これで完璧! 4種類の「虫餌の刺し方」の手順まとめ
ゴカイやアオイソメ(青虫)などの「虫餌」をスムーズに針につける2つの方法
次の釣行でも使える!虫エサの保存方法まとめ

コメント欄(Facebook)

公式チャンネル

  • ハピソン
  • メジャークラフト