テーマ別

トップページ>魚図鑑>>カワムツ(川鯥)

カワムツ(川鯥)

写真提供 : 橋本佳樹 様
写真提供 : 橋本佳樹 様
釣り上げられたカワムツ
釣り上げられたカワムツ
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類コイ目コイ科カワムツ属
別名ハヤ、ハエ、アカハエ、ヤマベ、シラハヤ、ムツ、モツなど
英名Dark chub
由来琵琶湖での呼び名であり、海に生息するムツに対して川に生息するムツの意味から由来する。

分布

能登半島と天竜川水系以西の本州、四国、九州

似ている魚との見分け方

オイカワと似るが、本種は胴体に対してヒレが小さいほか、体幅が大きくずんぐりとした体型をなすことから判別が可能である。

毒や危険性について

特になし。

食性

動物食性の強い雑食性で水生昆虫や小型甲殻類、小魚を捕食する。

食味

捌き方
  1. 塩もみしてヌメリと鱗を取る。
  2. 包丁または調理バサミでハラワタをとる。(小型のものは頭は取らなくても良い)
料理甘露煮、佃煮、唐揚げなど。

釣りについて

釣り方

ルアー釣り

ルアー釣りでは、テンカラ釣りという毛ばりを使った釣りで楽しむ事が出来る。

エサ釣り

エサ釣りでは、ウキ釣りとミャク釣りが一般的。

夜間も餌を捕食しており、一日を通して狙うことが可能。釣り場としては河川の上~中流域に多く、流れのある水路等にも生息。
警戒心が強く人影を見ると素早く逃げるため、浅場で水中を覗くときは注意すること。

釣りを始めるならここから! 超初心者のための「餌釣り入門」
釣れる時期1年を通して狙うことが出来る。
タックル

ルアー釣り

竿は3~3.5m程度の渓流竿、ミチイトはフロロ4号前後を4m程度、ハリスはナイロンの1号程度を使う。

エサ釣り

竿は1.5m~2m程度の、のべ竿または小物釣り用のもの(バス、アジング、トラウト用も可)、リールは使用するのであれば1000~2000番台程度、ミチイトは0.4~1号前後のナイロン、ハリスは0.2~0.4号前後を使用。

仕掛けは、玉ウキまたは唐辛子ウキの4号程度、ガン玉オモリ(ウキが沈まない程度に調節する)、ハリス止め、袖鈎3~5号程度を使用。

ミャク釣りの場合は、この仕掛けからウキを取り除けばよい。
ルアー・餌毛ばり、小型のスプーン、練り餌、うどん、川虫、ミミズ、サシなど。

コメント欄(Facebook)

公式チャンネル

  • メジャークラフト