テナガエビ (手長海老)

外観・内観写真

テナガエビ
テナガエビ
写真提供 : 寺崎俊和 様
写真提供 : 寺崎俊和 様
前へ 前へ
次へ 次へ

概要

分類 十脚目テナガエビ科テナガエビ属
別名 カワエビ、ダイエビ、チュウエビなど
英名 Scampi
由来 第2脚(手)がとても長いエビの意味と言われている。

分布

北海道以南の本州、四国、九州

似ている魚との見分け方

スジエビとよく似ている本種であるが、中~大型では特徴的な「手」を見れば見間違うことはない。

未成体固体のテナガエビの場合は胸の横に「m」に似た文字が入るのに対し、スジエビでは「逆さハの字」が見えることから判別できる。

毒や危険性について

特になし。

食性

肉食性が強いといわれており、水生動物や魚の死骸などを食べるが、藻類を食べる事もある。

食味

捌き方

夏の楽しみ! 美味しく食べるためのテナガエビの下処理方法
料理 素揚げ、唐揚げ、煮付け、佃煮など。

釣りについて

釣り方

エサ釣り

ウキ釣りで狙うのが主流。

テナガエビは、湖・河川の中流域などの淡水域や河口近くの汽水域に生息する。基本的に夜行性のため夜釣りメインである。日中でも狙え曇天などであればより良い。

テトラポット、アシ際、石や岩が多く沈む場所、水門などに身を潜めておりポイントとなる。

連載:夏に釣れる魚の特徴や生態【第5回 テナガエビ】
釣れる時期 初春から夏の終わり。梅雨の時期が最も釣れやすい。
タックル 竿は1.5m~2m程度の、のべ竿または小物釣り用のもの(バス、アジング、トラウト用も可)、リールを使用するのであれば1000~2000番程度、ミチイトは0.6~1号前後のナイロン、ハリスは0.3号前後が良い。

仕掛けは、5号程度の玉ウキ、0.2~0.3号程度の中通しオモリ、鈎は1号前後のタナゴ鈎を使用する。
ルアー・餌 赤虫、ミミズ等の虫餌、魚肉ソーセージ、生肉など。

公式チャンネル