キュウセン (求山・九仙・九線)

外観・内観写真

写真提供 : 浦辺大助 様
写真提供 : 浦辺大助 様
前へ 前へ
次へ 次へ

概要

分類 スズキ目ベラ科ベラ属
別名 ベラ、アオベラ、アカベラ、クサビ、ギザミなど
英名 Multicolorfin rainbowfish
由来 赤ベラと呼ばれるメスの体側に1本の黒褐色の縦線と、その上下に赤褐色の8本の点線があることから、「キュウセン」と言われている。

分布

沖縄を除く日本全域

似ている魚との見分け方

日本近海で見られるベラの種類は151種とも言われており、その中で一般的に良く釣れるベラは、キュウセン(アオベラ)とササノハベラ(アカベラ)の2種と言われている。

ササノハベラ(アカベラ)は名前の通り赤い魚体であり、キュウセンに見られる黒褐色の横線がないことで見分けられる。

毒や危険性について

毒はないが、歯が鋭く危険なので素手で触る際は注意すること。

食性

肉食性で甲殻類や貝類、多毛類などを捕食する。

食味

捌き方
  1. うろこを丁寧に取り除く。
  2. 3枚おろしで捌く。

体表の滑りが強いため、ブラシなどでしっかり落としてから捌く。
料理 煮付け、塩焼き、刺し身、唐揚げ、南蛮漬けなど。

釣りについて

釣り方

ちょい投げ釣り

投げ竿、ルアーロッドなど手持ちの竿で釣ることができる。

日が沈むと砂に潜り眠るため、日中が狙いやすい。流れ込み、浮き草のかげ、障害物、カケアガリなど変化のある場所を好むため狙うポイントとなる。

堤防や漁港で気軽に楽しめる「ちょい投げ釣り」の始め方
釣れる時期 冬場は活動が鈍るため4~10月が釣りやすい。
タックル

ちょい投げ釣り

投げ竿、ルアーロッドなどが良い。

2~3m前後の長さのロッドが取り扱いやすく、少し遠くに投げたいと思ったときにも対処できるので便利である。

バスロッドやロックフィッシュロッド、シーバスロッドなどルアーロッドでも流用できるので、手持ちにあるなら専用のものを購入しなくても大丈夫だ。リールは3000番程度、ラインはPE0.8〜1.0号前後、もしくはナイロンラインの2〜3号前後が使いやすい。

釣具屋では、「ちょい投げ用セット」なども販売されており、購入後すぐに使えるものもあるので、そちらを選ぶのも手である。
ルアー・餌 ゴカイ、アオムシ、オキアミなど。

持っておくと便利!ちょい投げ釣りに役立つおすすめのアイテム5選

公式チャンネル