テーマ別

トップページ>魚図鑑>>アカアマダイ (赤甘鯛・赤尼鯛)

アカアマダイ (赤甘鯛・赤尼鯛)

アカアマダイ
アカアマダイ
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類スズキ目アマダイ科アマダイ属
別名グジ、クズナ、オキツダイ、コビルなど
英名Horsehead tilefish
由来食して甘みがあり、尼さんが赤色の頬っ被りをした姿に似ているからと言われている。

分布

本州中部以南

似ている魚との見分け方

アマダイは、アカアマダイ・キアマダイ・シロアマダイの3種類がおり、色で見分けることができる。

特にアカアマダイとキアマダイが解り辛いが、キアマダイの尾ビレには黄色斑点があるのに対し、アカアマダイの尾ビレには黄色斑点が無いことから判別できる。

毒や危険性について

毒はないが歯が鋭く危険なので、素手で触る際は気をつけること。

食性

肉食性で小魚や甲殻類、貝類などを捕食する。

食味

捌き方
  1. ウロコを丁寧に取り除く。
  2. 3枚おろしで捌く。

アカアマダイは細かいウロコが密集して生えており身が軟らかいため、身を傷付けないよう丁寧にウロコを取り除くこと。
料理塩焼き、刺し身、ムニエル、しゃぶしゃぶなど。

釣ったら作ろう! 白身魚料理の定番「ムニエル」の作り方

釣りについて

釣り方

テンビン仕掛け

沖釣りで、電動リールを使った片テンビン仕掛けが主流であり、専用タックルも販売されている。

アカアマダイは砂泥質の海底に巣穴を掘って生息しており、上を向いてエサをとる習性があるため、仕掛けを上げすぎないのがポイントとなる。

一つテンヤ仕掛け

ライトタックルでの釣りが主流であり、マダイなどを狙う一つテンヤ釣りの竿と併用されることが多い。

テンヤは底がとれる最低限のサイズを選ぶのが基本とされており、テンヤの見た目が小さくなるごとに食いが良くなる傾向にあるとされている。
釣れる時期晩秋から冬にかけてがシーズンのため、3~11月が釣りやすい。
タックル

テンビン仕掛け

ビシ竿、アマダイ専用竿が良い。

竿は2m前後のオモリ負荷30~50号前後、リールはPE4~6号前後が200m以上巻ける中小型電動リールが良い。

アカアマダイは臆病な性格のため、海底をオモリでドスンと叩いてしまうと警戒してエサを食わなくなることもあるようなので注意が必要である。

一つテンヤ仕掛け

エギングなどのライトロッド、一つテンヤ専用ロッドなどが良い。

竿は2.5m前後でテンヤ負荷3~12号前後、リールは2500~3000番程度、PEは0.6~1号前後、リーダーはフロロカーボンの2~3号前後が良い。

テンヤは軽い仕掛けになるので強い波風には弱いが、ルアー釣りに近い仕掛けのため幅広いアプローチが可能である。
ルアー・餌オキアミ、冷凍エビ、活きエビ、イソメ、イカなど。

コメント欄(Facebook)

公式チャンネル

  • ツリバカメラ
  • ハピソン
  • メジャークラフト