テーマ別

トップページ>魚図鑑>>マダイ(真鯛)

マダイ(真鯛)

写真提供 : Kenichi Yamamoto 様
写真提供 : Kenichi Yamamoto 様
写真提供 : 大村博文 様
写真提供 : 大村博文 様
写真提供 : 菅沼佑輔 様
写真提供 : 菅沼佑輔 様
写真提供 : 東島章太 様
写真提供 : 東島章太 様
写真提供 : 田中清順 様
写真提供 : 田中清順 様
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類スズキ目タイ科マダイ属
別名ホンダイ、サクラダイ、アカメ、チャリコ(小型なもの)など
英名Red seabream
由来「マ」は代表的な種であること、「タ」は魚体が平であること、「イ」は魚類を示す魚(うお、いお)から由来すると言われている。

分布

北海道から九州の沿岸、東シナ海まで広く生息している。

似ている魚との見分け方

よく似た魚に小型タイ科魚類の「チダイ(血鯛)」がいる。
簡単な見分け方は、マダイは尾鰭が黒く縁どられているのに対し、チダイにはそのような縁取りがない。
正確に見分けたい場合は以下の記事を参照しよう。

どっちか分かる? 「マダイ」と「チダイ」の見分け方

また、体色が黄色がかった「キダイ(レンコダイとも)」やその仲間のキダイ属がいるが、これらは体色で簡単にマダイとは区別できるだろう。

これは余談だが、養殖されたマダイのほとんどでは鼻孔(鼻の穴)が本来ふたつあるものが繋がってひとつになっている。

食べればわかる? 養殖魚と天然魚の味の違いとは

毒や危険性について

大型の個体になると嚙む力が強く、噛まれないように注意したい。

また、スズキ目らしく、各鰭の棘は無毒だが鋭い。

釣ったキダイの口の中や鰓蓋を開けると「ウオノエ(タイノエ)」と呼ばれるダンゴムシのような大型の寄生虫が寄生している場合がある。
見た目はグロテスクだが、人間には無害であり、その魚も食べることができるので安心してよい。

食性

肉食性。主にエビやシャコなどの甲殻類やイソメ類、貝類、さらに小型の魚も捕食する。

大型のものではイカ類なども捕食対象となる。

食味

捌き方
  1. ウロコを丁寧に剥がす。
  2. 3枚おろしで捌く。

マダイや頭や骨などから良質な出汁が出るため、動画にあるような兜割りにもぜひ挑戦してほしい。
ただし、大型のものは硬いためよく切れる出刃包丁や技術が必要である。

    兜割り
  1. 包丁を持つ手と反対の手でマダイの頭を下顎側から抑える。
  2. 上顎の中心に包丁の先を滑らせるように頭を割っていく。
料理刺身、塩焼き、干物(小型のもの)、鍋もの、潮汁、煮付け、炊き込みご飯、フライ、天ぷらなど。

釣りについて

釣り方

カゴ釣り

コマセを詰め込んだカゴのついた仕掛けを遠投し、マダイの潜む潮目を狙う釣法。

堤防や磯から狙う餌釣りではもっともポピュラーな釣りで、マダイ以外の大型魚も狙うことができる豪快な釣り。

コマセ釣り(船)

船からコマセの詰まったカゴを落とし、潮の流れとツケエを同調させてマダイを狙う釣法である。

この釣法ではコマセの効くタナが重要になってくるため、遊漁船では船長の指示に従うとよい。

タイラバ(船)

船から「タイラバ(タイカブラ)」と呼ばれるルアーを落とし、それらを巻き取ることよってマダイを誘う釣法である。

基本的な操作が簡単なことから、ルアー釣り初心者から上級者まで幅広い層に好まれる。

しかし、リールを巻くスピードや安定性、ロッドの角度、スカートの色や形状、シンカーの重さなど、見た目以上に奥が深い釣りだ。

連載 : 初心者のためのタイラバの始め方【第1回 タイラバ(鯛ラバ)とは?】
タイラバ釣りの水中映像を撮影!マダイのバイトの様子を釣りの参考に

ひとつテンヤ(船)

比較的水深の浅い海で、ライトタックルを用いてマダイのアタリを積極的にかけていく釣法である。

仕掛けはテンヤと呼ばれるオモリとハリが付いた簡単な仕掛けで、ルアー釣りでいうところの針が2本ついたジグヘッドのようなものだと思ってもらってよい。

餌は冷凍エビか活エビなので、マダイ以外にも多くの魚種を同時に狙うことができるのもひとつテンヤの醍醐味だ。
釣れる時期春は産卵シーズンであるため、マダイは浅場に移り荒食いをする。
大型のマダイが狙うことのできるシーズンで、ランカーを狙うならこの季節が良い。

地域によって前後するが、6月頃に産卵が終わり体力を回復するための荒食いが短い期間あるが、あまり長くはない。

秋になると深場に落ちる準備をするために再び荒食いが始まる。
タックル

カゴ釣り

磯竿の3号~5程度のやや強めのもので5m前後が良い。
かなりの遠投が必要な場合もあるため、遠投に適した調子のものを使いたい。

リールはスピニングリールの4000番程度でドラグ性能のしっかりしたもの、道糸は場所にもよるが4号程度が基準になる。

コマセ釣り(船)

専用竿で3m前後の竿がスタンダードで使いやすい。硬さは狙う水深や使うオモリの号数によって決めると良い。

リールは水深が浅ければ手巻きでPE1号程度を150m巻くことができるものが理想的だ。

水深が深い場合はPE3号程度を200m以上巻くことのできるもので、手巻きではなく電動リールを使うのも手である。

タイラバ(船)

タックルは専用のものが望ましい。

ロッドはタイラバ専用のものを使い、リールは小型のベイトリールが良い。

ラインはPE1号程度を目安に、リーダーは20lb前後を基準にフィールドによって調整すること。

連載 : 初心者のためのタイラバの始め方【第2回 タイラバロッドの選び方】
夢の大鯛を釣り上げよう!おすすめのタイラバ用リール5選
もう迷わない! タイラバ用ラインの「太さ・号数」の選び方

ひとつテンヤ(船)

ロッドは8フィート以内の専用スピニングロッドが使いやすく感度も良い。

専用には劣るが、短めであればエギングロッド、シーバスロッド、メバリングロッド、バスロッドなどが代用できる。

リールはスピニングリールの2500番(C3000番)前後で、PEライン1号を150m巻くことができれば良い。

リーダーは10lb前後でフィールドによって調整すること。
ルアー・餌

餌釣り

オキアミやシバエビが一般的で、コマセ用の集魚剤も市販されている。
また、他にも釣り堀用の練り餌であったりシャコやボケなど地域によって様々な専用餌がある。

ひとつテンヤ

水深10m毎にテンヤ号数を1号ずつ上げた値が最小限の目安になるが、潮の流れ等で変わってくる。
船長から予めフィールドの水深や、必要なテンヤの号数を聞いておくと買い揃えやすい。

また、高価なタングステン製のものもあるが、底取りに慣れないうちは安価な鉛製のものがオススメだ。

タイラバ(タイカブラ)

最近の流行はシンカーとスカートが分離することができる「誘導式タイラバ」である。
それに対してシンカーとスカートと一体になっているのが「固定式タイラバ」となる。

シンカーのカラーも一式揃えたいが、どちらかというと重要なのはウェイトのバリエーションといえる。
潮の速さや水深にかなり左右されるので、利用する遊漁船や先輩にアドバイスをもらうと良い。

スカートの色や形状も様々なものがあるが、ベイトによってカラーを工夫すると良い。
定番なのは「レッド系」、「オレンジ系」、「ブルー系」、「グリーン系」の四色で、幅広いベイトパターンに対応することができる。

連載 : 初心者のためのタイラバの始め方【第5回 タイラバの選び方】
真鯛釣り初心者はこれだけ揃えよう! オススメのタイラバ5選

コメント欄(Facebook)

公式チャンネル

  • ハピソン
  • メジャークラフト