トップページ>魚図鑑>>タチウオ (太刀魚)

タチウオ (太刀魚)

写真提供 : 仲澤 伸泰 様
写真提供 : 仲澤 伸泰 様
写真提供 : 仲澤 伸泰 様
写真提供 : 仲澤 伸泰 様
写真提供 : 奥山禎人 様
写真提供 : 奥山禎人 様
写真提供 : 米田誠 様
写真提供 : 米田誠 様
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類スズキ目タチウオ科タチウオ属
別名タチ、カタナ、シラガ、タチノウオ、ハクナギなど
英名Sabel fish
由来外観が太刀に似ていることにより「太刀魚」と名づけられたとする説と、立ち泳ぎをすることから「立魚」と名づけられた説がある。

分布

本州中部以南の各地

似ている魚との見分け方

テンジクタチというよく似た種類が存在する。外観上の違いとして、テンジクタチは背ビレと眼の色が薄い黄緑で、口床が淡い色合いである。

もう1種、ユメタチモドキという外観の似た魚がいるが、顔が丸く、尾ビレあるという明らかな違いから判別は容易である。

毒や危険性について

毒性はないが、歯が非常に鋭く大変危険である。触れただけでカミソリで切ったように出血するので注意が必要だ。

食性

肉食性で小魚や甲殻類、イカ等の頭足類まで獰猛に捕食する。

食味

捌き方
  1. 頭と尾の先を落とす。
  2. 腹を割いて内臓を取る。
  3. 3枚卸で捌く。

刺身以外で食す場合は、2の工程の後、ぶつ切りでも良い。

達人の技を見て学ぶ! 「タチウオ」の捌き方
料理刺身(炙り)、塩焼き、唐揚げなど。

釣りについて

釣り方

ルアー釣り

バイブレーションやミノー、メタルジグ等で狙うのが主流だが、専用のジグヘッドとワームを使い、竿を繰り返ししゃくって誘うワインドと呼ばれる釣り方も有効である。

秋が最盛期! ショア(陸)からの「タチウオ」の釣り方まとめ
タチウオに効果的! 「ワインド釣法」の基本

エサ釣り

テンヤと呼ばれる仕掛けに餌を付けて釣る方法や、夜光ウキを使った浮き釣りが主流となっている。

タチウオは回遊性で基本的には夜行性である。朝夕まずめと夜は浅場に浮上し、それ以外の日中は深場に潜むことが多い。

内湾の砂泥底を好み、港、岸壁、沖堤防などが釣り場のメインフィールドとなる。泳ぎが得意でなく、流れの速くない場所を好むため、そのような場所を見つけたら積極的に狙っていこう。
釣れる時期7月から12月と言われるが、釣り易い時期は地域差があることが多い。
タックル

ルアー釣り

船からの場合、ロッドはライトジギング用、タイラバ用、バスロッド等2m以内で硬すぎないものが良い。リールは2000~3000番台前後のスピニングまたはベイトリール、ラインはPE0.6~1号程度、リーダーにはナイロンまたはフロロの30~40ポンド前後、またはワイヤーリーダーを使用すると良い。

岸からの場合、ロッドは5~7フィート程度のロッドでバス、エギング、ロックフィッシュ、シーバス用でも良い。リールは2000~3000番台前後のスピニングまたはベイトリール、ラインはPE1~1.5号程度、リーダーにはナイロンまたはフロロの30~40ポンド前後、またはワイヤーリーダーを使用すると良い。

エサ釣り

船からのテンヤ釣りでは、2~2.5m程度のライトジギング用または専用竿、リールは電動リールまたは水深に合った糸巻き量のあるベイトリール、ミチイトはPE0.6~2号前後、ハリスはフロロの6~8号前後、テンヤは40~50号程度が一般的である。

陸からのテンヤ釣りでは、ルアー釣りのタックルに、10~20g程度のテンヤを使用する。

ウキ釣りでは1~3号程度の磯竿、またはルアー釣りと同様のロッド、リールは2000~3000番台前後のスピニングリール、ミチイトはナイロン2~4号前後、ハリスにはワイヤーを使用すると良い。
仕掛けは、浮き止め、シモリ玉、夜光ウキ2~3号前後、ケミホタル、オモリ2~3号程度、スイベル、ハリス、鈎はタチウオ鈎やチヌ鈎5~6号前後を使用。

タチウオの歯は鋭く非常に危険なので、取り外しやすくするためにフックをバーブレスのものにすることを推奨する。
ルアー・餌ルアーでは、ミノー、バイブレーション、メタルジグ等など。ワインドでは、ワインド用のジグヘッドとワームを使用する。

初心者におすすめ!タチウオジギング用ルアー5選

エサ釣りでは、冷凍キビナゴ、サンマ切り身、どじょう、タチウオの尻尾等。

公式チャンネル

  • アルファタックル
  • ジャクソン
  • ツリバカメラ
  • テイルウォーク
  • メジャークラフト