イシガレイ (石鰈)

外観・内観写真

写真提供 : 木村好 様
写真提供 : 木村好 様
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ 前へ
次へ 次へ

概要

分類 カレイ目カレイ科イシガレイ目
別名 カレイ、イシモチ、イシモチガレイなど
英名 Stone flounder 
由来 「カレイ」は古名の「カラエヒ」が転じたものと言われている。 「イシ」はその名の通り有眼側の背から尾にかけて「石」のような骨盤があることから由来する。

分布

琉球列島と九州南部を除く日本各地

似ている魚との見分け方

カレイ科に属するマコガレイ、マガレイとよく似ているが、本種は体表に鱗が無い。 また、有眼側の背から尾にかけて石のように骨盤が発達していることで見分けることができる。

毒や危険性について

特になし。

食性

肉食性で貝類やエビ、カニなどの甲殻類、小魚などを捕食する。

食味

捌き方
  1. しっかりと包丁でヌメリを落とす。
  2. 5枚おろしにする。

体表のヌメリをしっかり落としてから捌く。 5枚おろしにすると調理の幅が増える。
料理 刺身、煮つけ(真子も煮つけると良い)、フライ、洗いなど。

釣りについて

釣り方

投げ釣り

数本の竿を置き竿にしてアタリを待つのが一般的な釣り方である。

砂泥質の海底に生息し、船道やカケアガリなど地形の変化する場所を好む。 そのため、キャストしたらカケアガリ等に仕掛けを誘導する。

少数の群れで行動するため1尾でも釣れれば同じポイントを狙うと良い。 また、アタリは時合に集中するため有望なポイントを絞って根気強く待つことも大切である。

冬が旬! 投げ釣りでの「カレイ」の釣り方まとめ
カレイ釣りで使う「釣り餌」と、それぞれの特徴
釣れる時期 冬場に接岸してくるため、12月~4月が釣りやすい。
タックル

投げ釣り

ちょい投げ釣りでも良いが、飛距離をかせぎ広範囲を探るためにも投げ釣り用タックルを用意することを推奨する。

ロッドは25~30号前後の投げ竿、リールは中型スピニングリール、ラインはナイロンラインの2~3号程度、力糸(ショックリーダー)は3~12号前後を使用する。

広範囲を的確に探るためにも、飛距離のかせげる投げ竿を用意することを推奨する。 また、ハリスにビーズ等で装飾をしアピールをすると効果的である。
ルアー・餌 イワイソメ、アオイソメなど。

公式チャンネル