テーマ別

トップページ>魚図鑑>>マハゼ(真鯊)

マハゼ(真鯊)

写真提供 : 菅沼佑輔 様
写真提供 : 菅沼佑輔 様
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類スズキ目ハゼ科マハゼ属
別名ハゼ、カワギス、カジカ、ヒネギスなど
英名Yellowfin gody
由来素早く水中を「馳せ(る)」ことから「ハゼ」になり、「マ」はハゼの代表ということから由来する。

分布

北海道~種子島

似ている魚との見分け方

本種に似た魚にアシシロハゼがいるが、アシシロハゼの鰓蓋と頬に鱗がないことから見分けることができる。

毒や危険性について

特になし。

食性

肉食性でゴカイや甲殻類、大型のものは小魚を捕食する。

食味

捌き方
  1. 鱗を丁寧に落とす。
  2. 開きにする。

皮ごと食べるので細かい鱗まで丁寧に落とすこと。
料理天ぷら、刺身、甘露煮、真子の煮つけなど。

釣りについて

釣り方

ちょい投げ釣り

シロギスに並ぶ投げ釣りでの人気ターゲットである。ライトタックルでのちょい投げ釣りで簡単に釣ることができる。

河口域付近を中心に、内湾の砂底や泥底を狙うと良い。カケアガリや船道、障害物や捨て石の周辺を探る。

堤防や漁港で気軽に楽しめる「ちょい投げ釣り」の始め方
持っておくと便利!ちょい投げ釣りに役立つおすすめのアイテム5選

ハゼクランク

ハゼクランクとはクランクベイトというルアーでハゼを狙う新しい釣り方で、近年注目を浴びているスタイルだ。

河口域付近を中心に、内湾の砂底や泥底を狙うと良い。カケアガリや障害物周辺を探る。

浅いエリアでの釣りになるので海底を目で確認しながら狙うようにしよう。そうすることで根がかりを回避でき、好釣果への近道となる。

クランクベイトでハゼを釣る「ハゼクランク」のやり方
釣れる時期初夏から晩秋にかけて狙うことができるため6~10月が良い。
タックル

ちょい投げ釣り

シーバスタックルやエギングタックル、アジングタックルなどのライトタックルで良い。

ロッドは8~9フィート前後の扱いやすい長さのものを用意しよう。リールは使うロッドに合ったものを選ぶ。 ラインは川底や海底の障害物に擦れることが多いことを考慮しナイロンラインを使う方が良い。ナイロンラインで2~3号前後あれば十分だ。

仕掛けは市販のちょい投げ釣り用のものや、投げ釣り用のものを使おう。

堤防や漁港で気軽に楽しめる「ちょい投げ釣り」の始め方

ハゼクランク

アジングロッドや軟らかいメバルロッドなどのライトタックルが良い。

ロッドは7フィート前後の扱いやすい長さのものを用意しよう。リールは2000番程度の小型リール、ラインは感度が良いPE0.3号前後がベストであるが、根がかりなどを考慮しナイロンライン2号前後を選択する手もある。
PEを使用する際はリーダーとしてフロロカーボン1.5号程度の使用をおすすめしたい。
ルアー・餌青イソメ、ゴカイ、クランクベイトなど。

これで完璧! 4種類の「虫餌の刺し方」の手順まとめ
ゴカイやアオイソメ(青虫)などの「虫餌」をスムーズに針につける2つの方法
次の釣行でも使える!虫エサの保存方法まとめ

コメント欄(Facebook)

公式チャンネル

  • ハピソン
  • メジャークラフト