マサバ (真鯖)

外観・内観写真

写真提供 : Rin Rin 様
写真提供 : Rin Rin 様
写真提供 : 兵動太一 様
写真提供 : 兵動太一 様
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ 前へ
次へ 次へ

概要

分類 スズキ目サバ亜目サバ科サバ属
別名 ホンサバ、ヒラサバ(ゴマサバと区別して)、サバゴ(小型のもの)など
英名 Chub mackerel
由来 小さな歯があることから「小歯(さば)」から転じて「サバ」という説が有力である。 「マ」は最も一般的な種であるということから。

分布

北海道オホーツク海沿岸~九州南部と日本近海に広く分布する。

また、日本以外でも太平洋沿岸地域を中心に広くみられる。

似ている魚との見分け方

同じサバ属のゴマサバとしばしば混同されるが、腹側のゴマ模様の有無でマサバとは区別することができる。

また、釣魚ではないがタイセイヨウサバ(ノルウェーサバ)の背中の模様はマサバが虫喰い模様であるのに対し、タイセイヨウサバは「く」の字型をしている。

毒や危険性について

背鰭の棘以外にも尻鰭の一部が鋭いので注意する。

また、地域や時期によっては寄生虫であるアニサキスの宿主になっている場合がある。

それ以外にも鮮度が落ちやすく、ヒスタミン中毒を起こす可能性があるので鮮度管理には十分に気を付けたい。

釣った魚を食べるときは注意! 釣魚に潜む寄生虫「アニサキス」の恐怖と対策法
カツオやカジキの赤身に注意!じんましんやおう吐を引き起こす「ヒスタミン中毒」とは?

食性

肉食性であり、稚魚期には動物性プランクトン、幼魚期以降にはこれに加えて他の魚の稚魚を捕食する。

釣りについて

釣り方

サビキ釣り

堤防に回遊してくる小型のサバを狙うのに適している。また、沖に回遊してくる中型のサバを狙うならば遠投できるカゴ釣りが良い。

マサバは回遊魚なのでアミで集魚しながら回遊を待つこと。群れが回遊してきたら手返し良く釣ることがポイントだ。

これを読めば初心者でも釣れる! 手軽さNo.1の「サビキ釣り」の基本まとめ
些細な差が釣果を変える!?誰も釣れてない時にサビキで爆釣する5つのコツ

ルアー釣り

ルアーにも食いつきが良いため群れさえ回遊して来れば簡単に釣ることができる。小型メタルジグをメインに、ミノ―やバイブレーションでも狙うことができる。

海面のナブラを見つけるのが最も重要で、見つけたら表層を早巻きするだけで良い。

ショアジギングで釣果を伸ばす「ジグ操作の基本とコツ」
シーバス釣りのチャンスタイム「ナブラ」や「ボイル」の攻略法
釣れる時期 マサバは回遊魚であるため、地域によって接岸時期は様々であるが、よく釣れるのは8~11月前後である。

サバを狙う場合には回遊の場所やタイミングを事前に釣り具屋などで情報を仕入れていくことをおすすめする。
タックル

サビキ釣り

アジング等のライトタックルや、エギングタックルで十分である。

ロッドは7~9フィート前後のもの、リールは中型スピニングリール、道糸はナイロンの1~2号程度、ハリスは0.8~1.2号程度のものが使いやすい。

目指せ爆釣! サビキ釣りで釣果を伸ばすコツ

ルアー釣り

シーバスタックルで十分狙うことができる。

ロッドは6~8フィート前後のもの、リールは小型~中型スピニングリール、道糸はナイロン等の1~2号程度もしくはPE0.6~1号程度のものが使いやすく、リーダーはフロロの3号前後のものをFGノットで直結すると良い。

[スズシゲさんからの寄稿] 日中のサバゲーム!
ルアー・餌 オキアミ、小型メタルジグ、小型バイブレーションなど。

公式チャンネル