シロギス(白鱚)

外観・内観写真

写真提供 : 古田暁祥 様
写真提供 : 古田暁祥 様
写真提供 : 中野一幸 様
写真提供 : 中野一幸 様
写真提供 : 有居淳 様
写真提供 : 有居淳 様
バイオワームに食ってきたシロギス
バイオワームに食ってきたシロギス
写真提供 : キワ☆プロ 様
写真提供 : キワ☆プロ 様
前へ 前へ
次へ 次へ

概要

分類 スズキ目キス科キス属
別名 キス、マギス、ホンギス、キスゴ、ピンギスなど
英名 Japanese sillago
由来 日本各地の海岸でよく釣れるため「キス」は岸から由来すると言われている。

分布

北海道南部~九州

似ている魚との見分け方

同じキス属のアオギスに似るが、アオギスの分布域が徳島県、山口県、大分県、鹿児島県等のごく一部に限られているため分布で判断がつく。

また、アオギスはシロギスの腹鰭が透明であるのに対して腹鰭が黄色味を帯び、背鰭に黒点が並んでいるという点で見分けがつく。

毒や危険性について

特になし。

食性

肉食性で小型のエビ、カニ、ゴカイなどを捕食する。

食味

捌き方
  1. 細かい鱗をしっかり落とす。
  2. 開きにする。

骨や身が柔らかいので丁寧に捌く。 その際の包丁の扱い方には注意する。
料理 天ぷら、フライ、刺身(皮霜造り、焼き霜造り、酢じめ)、塩焼きなど。

釣りについて

釣り方

餌釣り

投げ釣りでのメインターゲットであり専用のタックルも多いが、シーズンに入ればライトタックルでも狙うことができる。

砂地に生息するため砂浜海岸であれば基本的にどこでも狙える。特に藻場周辺やかけあがり、ゴロタ石付近など起伏のある個所を狙うと良い。

海の女王を釣り上げよう!キス釣りで釣果を上げる5つのコツ
初心者はキスを釣ろう! 投げ釣りに使う釣具まとめ【入門者編】
釣れる時期 冬場や春先など水温が低い時は水深の深い場所にいるため、船釣りやボートでの釣りがメインとなる。

初夏を迎えて水温が上がってくると、産卵のために浅場に寄って来るので岸から狙うことができ、中でも7~9月が最も釣りやすい。
タックル

餌釣り

ロッドは遠投性能と取り回しのバランスが良い4m前後の投げ釣り専用のものが使いやすい。リールはPE0.8~1号前後が200m程度巻けるものが最善である。投げ釣り専用のリールはノンドラグタイプでスプールがテーパー状になっているのが特徴となる。

ラインは飛距離をかせぐためにPE0.8~1号前後を使用する。力糸(ショックリーダー)はPEが切れないように必ず道糸の先端に結び付けるようにする。

シーズン真っ只中ならば気軽にエギングタックルやシーバスタックルなどを使用し、ちょい投げ釣りで狙うことができる。しかし、釣果を伸ばしたい場合は仕掛けの飛距離をかせぐ必要があるため、本格的なタックルを用意することをおすすめしたい。

初心者必見!おすすめの投げ釣り用リール5選
初心者におすすめ!投げ釣り用ロッド5選
ルアー・餌 ゴカイ、イソメ、アオイソメなどを使う。吻が小さいため小型のものが良い。

公式チャンネル