テーマ別

トップページ>魚図鑑>>マゴチ(真鯒)

マゴチ(真鯒)

写真提供 : 明定巧 様
写真提供 : 明定巧 様
写真提供 : 久保慶彰 様
写真提供 : 久保慶彰 様
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類スズキ目コチ科コチ属
別名ホンゴチ、クロゴチ、ゴチゴロウ、ゴチゴロ、ゼニゴチ、スゴチ、テッサナミなど
英名flathead
由来笏(こつ)と呼ばれる貴族の正装のとき右手に持っていた細長い木の板に姿形が似ているため「コチ」と呼ばれ、そのなかでも代表的な魚なので「真鯒(マゴチ)」となったと言われている。

分布

青森県~九州南岸の太平洋沿岸、若狭湾~九州南岸の日本海・東シナ海、瀬戸内海、種子島

似ている魚との見分け方

国内でマゴチの別種にはヨシノゴチとワニゴチが存在する。

マゴチと外観が酷似しているヨシノゴチであるがマゴチに比べ身体が白っぽく、背面に小茶褐色斑点が密に分布する。また、腹部の黄色みが強いことから判別が可能である。

ワニゴチは、口先が狭く長い。また、胸鰭と腹鰭に斑点があることからも見分けはつけ易い。

毒や危険性について

毒はないが、鋭い背鰭と顔の周りに棘があり扱いには注意が必要である。

また、口内には小さいが棘状の歯が並んでいるため素手で持つのは避けたほうが良い。

食性

肉食性で小魚や甲殻類を捕食する。

泳ぎまわっている魚を盛んに追いかけて捕食することは少なく、自身の視界、捕食エリアに入った魚や甲殻類を捕食する「待ち伏せ捕食型」である。

それぞれの特徴を知っておこう! マゴチが捕食するベイトフィッシュまとめ

釣りについて

釣り方

ルアー釣り

マゴチは砂地の底に潜んでいる魚のため、底を中心に狙って釣る釣り方が基本となる。

ルアーをキャストし、着底後は底周辺をルアーが泳ぐように意識する事が重要だ。底から少しシャクリ(ジャーク)上げて着底を繰り返すアクションや、ズルズルと常に底を這うようにルアーを動かす方法が良い反応を得られることが多い。

底付近を中心に探る釣り方となるため、沈み根や障害物に注意が必要となってくる。

サーフフィッシング初心者必見! プロアングラーが解説するヒラメ・マゴチを釣るルアーアクション

泳がせ釣り

活き餌を使うのが一般的だが、死に餌でも釣ることができる。

活き餌・死に餌、どちらの場合であってもルアー釣りと同様に少ししゃくり上げたり、ずるずると底を引いてアクションを加えることで魚から発見され易くなる。

昔から「ヒラメ40、マゴチ20」という言葉もあり、アタリがあっても即アワセはせず、20秒待ってからアワセを入れよう。

活き餌でいろんな大物が釣れる! 「泳がせ釣り」をマスターしよう
釣れる時期高い水温を好むため、6~10月が釣りやすい。

本種は太陽がカンカンに照りつける真昼間でも釣れる魚としても有名である。
タックル

ルアー釣り

シーバスタックル、ヒラメタックルが良い。

ロッドは9フィート前後、M(ミディアム)程度のスピニングロッド、リールは3000番程度、ラインはPE1号前後、リーダーはフロロカーボン4号前後が使いやすい。

底付近を重点的に狙う釣り方となるため、根がかりなどのトラブルも考えられる。その時のためにもリーダーなどの予備を準備しておこう。

泳がせ釣り

投げ竿、万能竿が良い。

ロッドは10号程度のオモリを背負える3号程度のスピニングロッド、リールは中型スピニングリール、道糸はナイロン4~5号前後が使いやすい。

泳がせ用の仕掛けは釣り具量販店で購入できるが、各自でバランスを考え自作しても良い。

活き餌でいろんな大物が釣れる! 「泳がせ釣り」をマスターしよう
ルアー・餌タイラバ、インチク、メタルジグ、バイブレーション、ミノー、ソフトルアー、ワーム(テキサスリグ、ジグヘッドリグ)など。

餌ならばマハゼ、キス、アジ、イワシ、キビナゴ、ゴカイ等の虫餌、イカなど。

活き餌でいろんな大物が釣れる! 「泳がせ釣り」をマスターしよう

コメント欄(Facebook)

公式チャンネル

  • ハピソン
  • メジャークラフト