ふぐ調理師免許を取得しよう!もっともかんたんに取得できる都道府県とは!?

タグ: /
2019年07月18日

誰もが知る高級魚である一方、釣りでは外道としてお馴染みのふぐ(河豚)。

免許を所持していないと調理できないため、釣れたらリリースする場合がほとんどだろう。

今回はそんなふぐを持ち帰って美味しく食べられるよう、各都道府県におけるふぐ処理免許取得条件をまとめてみた。

各都道府県で条件が違う

ふぐ処理免許の効力は、原則として免許を取得した都道府県内のみに限定される。

数年の実務経験を経た上で難関試験の突破が必要な都道府県もあれば、一度講習を受けるだけでだれでも取得できる都道府県もある

ここからは、日本の各都道府県での取得条件を例に上げて紹介していこう。

各都道府県におけるふぐ処理免許取得条

東京都の取得条件

  • 資格名:ふぐ調理師
  • 取得条件:実技試験および筆記試験に合格
  • 受験資格:調理師免許を取得かつ東京都のふぐ調理師の下でふぐ処理業務に2年以上従事

ふぐ料理の名店が並ぶ東京都。

受験するにあたっては、東京都のふぐ調理師の下で2年以上の業務経験が必要だ。

これ以外にも指定された府県でのふぐ処理に関する免許を取得すれば、受験資格として認められる場合もある。

神奈川県の取得条件

  • 資格の名称:ふぐ包丁師
  • 取得条件:実技試験および筆記試験に合格
  • 受験資格:特になし

ショウサイフグやアカメフグといった食用ふぐの魚影が濃く、ふぐ釣りの遊漁船が多く出船している神奈川県。

試験に合格する必要はあるものの、隣県の東京都とは異なり誰でも受験できる

高級なふぐも狙える地域であるため、思い切って免許取得にチャレンジしてみてもいいかもしれない。

愛知県の取得条件

  • 資格名:ふぐ処理師
  • 取得条件:実技試験および筆記試験に合格
  • 受験資格:ふぐ処理の業務に2年以上従事

天然トラフグが名産であり、ふぐ料理と馴染みの深い愛知県。

受験資格を得るにあたっては、ふぐ処理師の下で2年以上の業務経験必要となる。

試験と実務経験の両方が必要であるため、全国的に見ると難しい部類に値する都道府県だ。

大阪府の取得条件

  • 資格名:ふぐ処理登録者
  • 取得条件:講習を受講
  • 受験資格:特になし

ふぐの消費量が全国一であり、ふぐ料理の店も多く立ち並ぶ大阪府。

有名なだけあって厳しいかと思いきや、実は講習を受けるだけで誰でも取得できる

大阪でふぐがよく食べられるのは、このように免許取得におけるハードルの低さが背景となっているのかもしれない。

福岡県の取得条件

  • 資格名:ふぐ処理師
  • 取得条件:実技試験および筆記試験に合格
  • 取得条件:①学校教育法第57条に規定する者(中卒相当)かつふぐ処理業務に3年以上従事、②ふぐ処理業務に⑤年以上従事

九州各所からさまざまなふぐが水揚げされる福岡県。

受験にあたっては、3年以上のふぐ処理業務経験が必要となる。

全国的にみてもかなり取得のハードルが高い都道府県といえるだろう。

その他の県の条件は以下でチェック

全日本ふぐ協会のホームページでは、日本全国でのふぐ処理免許取得条件がチェックできる。

大阪府以外にも業務経験なしで取得できる県や、講習のみで取得できる県もある。

自分の住む都道府県はどのような条件で取得できるのかチェックしてみよう。

全国47都道府県別「魚・ふぐ(フグ)」に関する資格取得制度の違い・一覧表

ふぐ処理免許を取得しよう

ふぐは免許がないと調理できない魚であるが、誰もが知る超高級魚だ。

自身で免許を取得して調理することができれば、釣りの楽しさが広がること間違いないだろう。

本記事を読んで興味を持った方は、ぜひふぐ処理免許の取得を検討してみてほしい。

この記事を読んだ人が次に読むのは

【研究者に聞いてみた】みたことのないフグが急増中!絶対に食べてはいけないフグの正体とは

全身に毒を持つ「ドクサバフグ」とは!?いつどこで出会うかわからない猛毒フグ

変わった模様のカワハギが釣れたら注意!フグの70倍の毒を持つソウシハギとは

タグ: